その男、凶暴につき ヤバイ日本建設大綱<上>

猪子寿之・チームラボ社長に聞く

「1個の価値観で世界が覆われるのって気持ち悪いじゃないですか。違うアルゴリズム(設計)があったほうがいいじゃないですか」。サグールは、おもろいもの、エッジの立ったファイルが上位にランクされる。

で、サグールはビジネスになったのか。「全然」。この国に検索エンジンの技術を残せれば、それでいい。だから、白虎隊である。

二つ。産経新聞のニュース・ブログポータル「iza」。こちらは大ヒットとなった。相談されて、猪子は率直に言った。「今までの新聞の形は、ある種、終わっている、と思います」。産経側は「じゃ、任せるよ」。06年1月、デジタル部門を分社化した産経デジタルの取締役になった。

猪子はエリート主義を否定した。新聞は少数の記者エリートと一握りの編集者が作っている。が、「情報化社会では“集合知”が圧倒的に勝つんです。情報化社会は多様化しすぎていて、少数のエリートでは追いつけない」。izaは史上初めて、新聞と読者の関係を双方向にした。

記事に対する読者のレビューをすべての記者が共有し(従来、評価はデスクの専権事項)、読者も記事に書き込みができる。書き込みに対する記者の“返信”は、いっさいノー編集。

産経デジタル社長(当時)の阿部雅美はヒヤヒヤだった。「事前検閲なしの記者ブログなんて、できれば面白いが、当時としては革命的なこと。猪子さんは平然と提案する。こっちも、腹をくくって会社を説得した」。

izaは瞬く間に、全国紙トップの人気ポータルとなり、産経デジタルの阿部は、06年の「ウエブ人・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。

三つ目は、ルーブル宮殿のメインホールで展示されたデジタル・メディア・アート「花と屍(かばね)」。08年、日仏交流150周年事業の一環としてチームラボが制作した。コンピュータ処理された映像が、掛け軸に見立てた12本のディスプレーに映し出されると、ホールは平安朝の「死と再生」の絵巻物空間に変わった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT