その男、凶暴につき ヤバイ日本建設大綱<上>

猪子寿之・チームラボ社長に聞く

高級紙「ル・モンド」が絶賛し、たまたま、パリを訪れていたタワーズワトソンの淡輪も、実物を見て圧倒された。「猪子は天才。世界トップ級の頭脳の可能性がある」。同時に、半ば本気で心配している。「天才だから飛びすぎている。隠しておきたかった。世間に露出させることが、いいことなのか悪いことなのか」。

ないない尽くしの“構造” 夏休みの自由研究

猪子のどこがヤバイのか。猪子は言う。「事業とか経営とか、あんまり考えてないんですよ、正直言うと」。謙遜のようで、謙遜でない。

猪子によれば、経営学ももろもろの戦略論も、すべて情報化社会以前に構築されたコンセプトだ。ゆえに賞味期限が切れている。なぜか。

情報化以前は、売るためには、消費者に商品を知ってもらうこと、大型店舗に商品を置いてもらうことに最大のプライオリティがあった。だから、企業はマーケティング戦略を練り、マスコミを使ってマスプロモーションを打った。が、ネットですべてが変わった。「今って、誰でも超一瞬で情報を獲得できるじゃないですか。何かヤバイもの作ったら、勝つんです。超ヤバイものを作ったら、勝手に流通するんです」。

電通もマッキンゼーも必要ない。セールスマンもホワイカラーもいらない。「役員なんて価値がない。経営、戦略も関係なし」。唯一重要なのは、超ヤバイものを作ること。それができるのはテクノロジー(情報技術)とクリエーティビティ(文化的創造性)=手の動く専門人だ。

「ヤバイものって、細部の集合じゃないですか。役員とか戦略とか、大ざっぱな話では、細部は作れない」

売り上げ20億円。収支はトントン程度だが、社員200人のチームラボには、自社営業マンがいない。売り上げ計画も利益計画もない。役員会は一度も開かれたことがない。
■[中]に続く=敬称略=

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年4月10日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT