その男、凶暴につき ヤバイ日本建設大綱<下>

猪子寿之・チームラボ社長に聞く

猪子寿之・チームラボ社長--「その男、凶暴につき」!“ヤバイ日本”建設大綱[下]

チームラボが創業した01年はITブームの真っただ中。しかし、猪子は渋谷・ビットバレーの集まりには出向いたことがない。ホリエモンこと堀江貴文にも関心がなかった。

今、振り返れば、ITブームとは肝心のITはそっちのけ、マネーゲームの狂宴だったと知れる。同じ東大卒の猪子とホリエモンの「起業後」を分けたもの。マネーと資本主義についての思想の違いである。

ホリエモンは「カネで買えないものはない」と言った。猪子も開発のために「カネはムダにあったほうがいい」と思う。しかし、「残念ながら、カネで買えないものが増えていくんですよ、情報化社会では」。

たとえば、世界最大のマイクロソフトが強敵・リナックスを買収しようにも、リナックスは企業でさえない。「ブリタニカ」を蹴散らしたウィキペディアも、買収できない。

あるいは、逆に、トヨタ自動車が買収されたとしよう。買収に反発して、トヨタの上から20%の社員がトヨタを離れたら、一瞬はガタつくが、トヨタは残る。

それは、トヨタが情報化社会以前=工業化社会の会社であり、その強さが多くを工場・流通網という資産に依拠しているから。

「だけど、グーグルの上から20%が辞めて第2グーグルを作ったら、第2グーグルのほうが第1グーグルに勝ちそうじゃないですか」。

情報化社会の2大要素、テクノロジーとクリエーティビティは人と文化に依存している。文化は人の集合であり、人はカネでは買えないのだ。

ちなみに、チームラボには賃金体系がない。報酬は、まずは「誉れ」である。

「彼、すげぇバリュー出てる、という誉れが社内に流通する。すると、給与会議で給与をちょっと上げようか、とか」。

ボーナスは全社一律。「クリエーティビティは金銭報酬に比例しない。あなた、純粋にカネのためだけで仕事してます?」。

日本的なるものの復権 目指せ!「おもろハイテク」

メディア・アートの新地平を切り拓きつつある猪子には、どうやらフツー人には見えないものが見える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。