その男、凶暴につき ヤバイ日本建設大綱<下> 猪子寿之・チームラボ社長に聞く

拡大
縮小

「日本メーカーって、物理的なものを作る会社。でも、今の感動って、インターフェースにしろ、コンテンツにしろ、ソフトウエアの領域にある。ハード中心の日本メーカーの開発プロセスには乗らない。10年前、携帯電話でソフトメーカーのアップルにやられるなんて、誰が思いました。日本メーカーの先行きはもうないです。全部、滅ぶんです」

産経新聞のizaも、実は、やりたいことの2~3割しかできなかった。途中から、産経の社内バランスに配慮した運用に切り替えられたからだ。今は、ぐるなびの母体NKBの役員も外れている。

ぐるなび会長の滝に取材を申し込んだら、広報を介して簡単な返事が返ってきた。「よく存じ上げていない。お話しすることもない」。

猪子が「飛びすぎている」のか、日本社会が遅れすぎているのか。猪子が引き合いに出すのは、「ウィニー」とユーチューブの対比である。

猪子によれば、東大助手が開発したファイル交換ソフト・ウィニーはサーバーの仲介を必要とせず、よりネット的、未来的な技術だった。ところが、開発者は逮捕された。

「ウィニーは著作権法的には真っ白。単なるソフト=包丁だから。使いようで人を傷つけると言って、包丁製造会社が逮捕されますか」。

一方のユーチューブはファイルを“預っている”。「真っ黒でしょう。なのに、ユーチューブは米国でヒーロー、こちらは犯罪者。未来はどっちなんですか。何度でも言いますよ。そんな非寛容な、未来のわからない人たちが支配している社会では、次のグーグルは出てきません」。

「電波」が課したミッション=日本経済の再建は、前途遼遠だ。

「いいんです、モルモットで。犯罪者扱いされない程度にグレーなこと、ヤバイことをやっていきたい。未来のヒントを感じてもらえばいい。できる範囲内でやろうという人が増えていったら、もしかしたら、社会が変わるかもしれない」

インタビュー後、丁寧にエレベーターの前まで見送ってくれた。「電波」は必ずや、ヤバくも潔い、この日本紳士=サムライを見守ってくれるはずである。[終わり]
=敬称略=

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年4月10日号)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT