猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか(下)

まずはプライドを捨てなさい!

ビジネスパーソンにとって、論理的な思考はとても大事な能力です。ただ、それだけでは、インパクトのある事業を創造することはできません。
「インパクト志向」については、『インパクト志向』(田中裕輔著)の中で、詳しく説明されている。
いちばん大切なのは、「思考」ではなく、「志向」です。「限られた人生の中でどんなインパクトを与えたいか?」――それを考え抜き、世の中のイシュー(重要な問題)を解決することによって、インパクトある事業が生まれるのです。

この連載では、『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』『インパクト志向』の著者であり、靴のネット通販を営むロコンドの田中裕輔さんが、 各界で大きなインパクトを与える新世代リーダーと対談します。第1回目はチームラボ社長として、ウルトラテクノロジスト集団を率いる猪子寿之社長です。

対談(上)はこちら

田中:言語や論理で説明できない領域が、今後の競争力の源泉になっていくとすると、今、最も競争力が強い企業ってどこですかね?

猪子:みんなはそれを無意識に知ってると思うよ。たとえば2000年ぐらいまではマイクロソフトが世界の王だったわけじゃん。で、当時の唯一の競合はアップルだったよね。潰れかけてたけど。でも、ふと気づいたら、アップルが世界最強の会社になっていた。

マイクロソフトのすごさって、言葉で説明できるよね。マイクロソフトのアウトプットのすごさ。「エクセル出ました。表計算が簡単になりました。チョー便利」みたいな(笑)。

今、なんかうまく言葉で説明できてないけど、それはオレの個人的な言語能力のせいであって、普通の人はたぶん説明できると思うんだ。エクセルのすごさを。

田中:エクセル、すごいです。はい。

猪子:でも、アップルのアウトプットのすごさって、言葉で説明できないよね。「iPhone出ました。すげーッ!」みたいな。

無理やり説明しようとしても、「インターフェイスがカッコいい」「どこが?」「うーんと、それはね、情報をモノのように触れるようにしたからだよ」みたいな。何がすごいのか全然わかんない。でも、本当はすごいじゃん。

で、何が言いたかったかというと、言語とか論理で感動を説明しにくいような領域を、たぶん人は昔から「アート」と呼んでたんだと思うんだ。

田中:ああ。

次ページ突然、領域ごと消滅する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT