猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか(下)

まずはプライドを捨てなさい!

ビジネスパーソンにとって、論理的な思考はとても大事な能力です。ただ、それだけでは、インパクトのある事業を創造することはできません。
「インパクト志向」については、『インパクト志向』(田中裕輔著)の中で、詳しく説明されている。
いちばん大切なのは、「思考」ではなく、「志向」です。「限られた人生の中でどんなインパクトを与えたいか?」――それを考え抜き、世の中のイシュー(重要な問題)を解決することによって、インパクトある事業が生まれるのです。

この連載では、『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』『インパクト志向』の著者であり、靴のネット通販を営むロコンドの田中裕輔さんが、 各界で大きなインパクトを与える新世代リーダーと対談します。第1回目はチームラボ社長として、ウルトラテクノロジスト集団を率いる猪子寿之社長です。

対談(上)はこちら

田中:言語や論理で説明できない領域が、今後の競争力の源泉になっていくとすると、今、最も競争力が強い企業ってどこですかね?

猪子:みんなはそれを無意識に知ってると思うよ。たとえば2000年ぐらいまではマイクロソフトが世界の王だったわけじゃん。で、当時の唯一の競合はアップルだったよね。潰れかけてたけど。でも、ふと気づいたら、アップルが世界最強の会社になっていた。

マイクロソフトのすごさって、言葉で説明できるよね。マイクロソフトのアウトプットのすごさ。「エクセル出ました。表計算が簡単になりました。チョー便利」みたいな(笑)。

今、なんかうまく言葉で説明できてないけど、それはオレの個人的な言語能力のせいであって、普通の人はたぶん説明できると思うんだ。エクセルのすごさを。

田中:エクセル、すごいです。はい。

猪子:でも、アップルのアウトプットのすごさって、言葉で説明できないよね。「iPhone出ました。すげーッ!」みたいな。

無理やり説明しようとしても、「インターフェイスがカッコいい」「どこが?」「うーんと、それはね、情報をモノのように触れるようにしたからだよ」みたいな。何がすごいのか全然わかんない。でも、本当はすごいじゃん。

で、何が言いたかったかというと、言語とか論理で感動を説明しにくいような領域を、たぶん人は昔から「アート」と呼んでたんだと思うんだ。

田中:ああ。

次ページ突然、領域ごと消滅する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。