猪子さん、マッキンゼーは嫌いですか(下)

まずはプライドを捨てなさい!

猪子:ああ、そうそう! だから自分の行動や感情は比較的、21世紀になっているにもかかわらず、言語や論理で考えすぎて、間違った選択をしてる人が多いと思うんですよ。

もっと自分のテンションが上がるとか、何に感動しているかとか、何をカッコいいと思うかとか、そういうものをもうちょっと素直に受け止めて、それを優先したほうがいいような気がするけどね。

田中:「コンサル本とか読んで原始人化すんな」ってことですよね? とりあえず(笑)。

猪子:たとえばソニーの製品を何も買ってないのに、就活でソニー受けて入るって、ある意味、驚異的な行動じゃない? でも「なぜソニーに入るのか?」って超絶うまくプレゼンできたりするわけ。言語と論理によって。

田中:はい、はい。

猪子:なんかおかしいよね? で、またそのプレゼンがめちゃくちゃ正しかったりしてさ。すっごい説得力があって、オレなんか負けちゃったりするんだよ。「そのプレゼンに対する反論を言葉にするのは、1時間ぐらい待ってもらえるかなあ」みたいな。揚げ句の果てに、全然違う話になったりしてさ(笑)。

田中:目に浮かびます。

猪子:でしょ? オレはそれが言いたい。「ソニー」って検索することもないのに、つまり結果としての行動からすると、自分は本当の答えを知っているにもかかわらず、ついつい言語や論理で考えすぎるがゆえに、ソニーに入ったりする。

しかも「それ、おかしくない?」って反論したら、言語と論理できっちり説明できたりする。その状況がヤバイよね。

田中:「頭じゃなくて、ハートで考えろ」と。

猪子:そう言うとさあ。

田中:違うんですね(笑)。また論理で説明してます?

猪子:なんか知性を否定してるみたいじゃん? オレは知性というものを全面的に肯定してるよ。そういうハートフルな意味じゃなくて……。うまく説明できない!

田中:はい、マッキンゼー仕込みの原始人的な頭なりには理解できました(笑)。

猪子:いや、オレ、ほんとマッキンゼー、嫌いじゃないから! てか、むしろ、いつのまにか踊らされて、テンション上がって、田中さんのこと大好きになってるから!…あ、それが今のマッキンゼーの強みかあ!

田中:ありがとうございました。

(構成:上田真緒、撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT