岩瀬さん、優等生キャラは疲れませんか(下)

みんなと一緒は嫌いです

ビジネスパーソンにとって、論理的な思考はとても大事な能力です。ただ、それだけでは、インパクトのある事業を創造することはできません。
「インパクト志向」については、『インパクト志向』(田中裕輔著)の中で、詳しく説明されている。
いちばん大切なのは、「思考」ではなく「志向」です。「限られた人生の中でどんなインパクトを与えたいか?」――それを考え抜き、世の中のイシュー(重要な問題)を解決することによって、インパクトある事業が生まれるのです。

この連載では、『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』『インパクト志向』の著者であり、靴のネット通販を営むロコンドの田中裕輔さんが、 各界で大きなインパクトを与える新世代リーダーと対談します。第2回目は、ライフネット生命の岩瀬大輔副社長です。

※対談(上)はこちら

田中:ライフネット生命の今後の課題はありますか?

岩瀬:引き続き、信頼と認知度を高めていくことですね。一部の間では認知されていますけど、ほとんどの人はまだ知らないですし、名前を聞いたことはあっても、どういう会社かは知らない。聞いたこともない会社だと、「大丈夫なの?そこ」と言われてしまう。

田中:ビジネスマンには相当、認知度が高いイメージがありますが。

岩瀬:丸の内界隈のビジネスマンには知られていますが、一般的にはまだまだです。「何で創業から5年しか経ってないのに、20年後の約束ができるんですか?」と言われると何とも返答できない。やっぱり信頼って人間関係と一緒で、そんなにすぐつくれるものじゃないし、特効薬がないので、時間をかけてやっていくしかないですね。

何だかんだいって刷り込みの量で決まるみたいなところもあって、皆さん、保険に入るとき、そんなに深く考えないので、CMを見て、やっぱりアフラックかなあとか、ソニー生命かなあとか。なかなか簡単じゃないです、商売は。

次ページ本当に、楽しくてしょうがない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT