60歳のとき、保険会社をつくりましょうと声を掛けられたんです--出口治明・ライフネット生命保険社長(第1回)

60歳のとき、保険会社をつくりましょうと声を掛けられたんです--出口治明・ライフネット生命保険社長(第1回)

--2008年にライフネット生命保険(以下、ライフネット)を創業されました。74年ぶりの独立系生命保険会社として話題を呼びました。しかも、当時、出口さんは60歳。“還暦ベンチャー”と著書にも書かれていますが、60歳で起業するというのは驚きです。起業の経緯についてお聞かせください。

きっかけは58歳のときでした。当時は日本生命の子会社にいました。ある日、旧友から「生命保険について詳しく知りたがっている人がいる。どうせお前は暇だろうから話をしてやってくれ」と電話がかかってきたんです。

僕は友人の友人は友人と思っていますから、当然会うと答えました。その人が、あすかアセットマネジメントリミテッドの谷家衛さんでした。彼との出会いがすべての始まりです。

初めてお会いし、日本の生命保険業界について30分くらい話をしたところで、谷家さんは唐突にこうおっしゃったんです。「出口さん、めちゃくちゃ保険に詳しいですね。僕の会社に来てください。保険会社を一緒につくりましょう」って。

谷家さんは屈託のないお顔をなさっていて、どう考えても悪い人には見えなかった。後になってから谷家さんは47歳だということがわかったのですが、初対面では30代前半にしか見えませんでした。

こんなに若い人が僕のようなおじいさんに「一緒に保険会社をつくりましょう」と言ってくれるなんてありえない。何かのご縁です。仮に日本生命の社長という立場だったら、白地に絵を描くような戦略はできません。

ゼロから保険会社をつくる機会を与えられたのは、宝くじに当たるような僥倖だと思い、僕もその場で「いいですよ」と言ってしまったんです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT