ゴールドマンエリートが、起業家を目指すまで

ウォートン流、自分らしいリーダーシップの見つけ方

「”超一流MBA校”で戦う日本人」。第3回目にご登場いただくのは、ペンシルベニア大学ウォートンスクールに留学中の浅原大輔さん(33)。
浅原さんは、ゴールドマン・サックス証券を退職して、ウォートンに私費留学。浅原さんは、生まれも育ちも日本で、いわゆる帰国子女ではない。23歳のときに大学院の研究の一環で、初めてアメリカに行ったのが、人生初の海外体験だったという。
もともと大学院で、コンピューターサイエンスと数学を専攻していて、「いつかイノベーションにかかわる仕事をしてみたい」と思っていたところ、MBA留学に挑戦した友人に触発されて、一念発起。ゴールドマン・サックスを退職し、2011年7月、ウォートンへ留学した。
現在は、ウォートン・サンフランシスコ校の特別プログラムで、4カ月間、起業家精神などを学んでいる。浅原さんは、留学中に、モバイルアプリの開発会社を友人たちと起業する予定だが、サマーインターンとして働いたヘッジファンドにも興味があり、現在、卒業後の進路を模索中だ。

「ウォートンに留学しなかったら、『起業』などキャリアの選択肢にもなかった」 という浅原さん。MBA留学は、浅原さんの人生をどう変えたのか。サンフランシスコに滞在中の浅原さんに取材した。

リーダーシップの「型」は、性格の数だけある

ペンシルベニア大学ウォートンスクールの授業は、2011年8月、「Foundations of Teamwork and Leadership」(チームワークとリーダーシップの基礎)という4日間の集中講義から始まった。

授業を教えるスチュワート・フリードマン教授は、元米副大統領のアル・ゴア氏やゼネラル・エレクトリック(GE)社の元CEO、ジャック・ウェルチ氏のアドバイザーを務めたリーダーシップの専門家。

「仕事」も「家族」も「自分」も「社会貢献」も、犠牲にしないで両立させよう!というトータル・リーダーシップ・プログラムの提唱者としても有名。『Total Leadership: Be a Better Leader, Have a Richer Life』(Harvard Business School Press)など、アメリカで多くの著書を出版している。

次ページ性格別、リーダーシップの5類型
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT