美しいほど怖い!生き霊になった女の「怨念」

「うらめしや展」の幽霊画はここが恐ろしい

幽霊画の展覧会「うらめしや~、冥途のみやげ」が、9月13日まで東京藝術大学大学美術館で開かれている。ほの暗い地下の展示室に、それぞれの恨みを抱えた幽霊たちが集う。企画した東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授に、5人の幽霊を紹介してもらった。

葵上を呪い殺そうとする六条御息所

画像を拡大
《焔》上村松園 大正7(1918)年 絹本着色 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives (9月1日~9月13日に展示)

女の嫉妬が炎のように燃え上がり、身を焦がす。光源氏の正妻である葵上に嫉妬し、生き霊となって呪い殺そうとする六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の姿だ。

作者の上村松園(1875~1949年)は美人画で知られる女性画家。生涯に1点だけ、「生霊」を描いたのがこの作品だという。

「 当時、女性画家として生きるには大変なことがあり、その想いをためていたのでしょう。そういう情念を直接的に表現すると、説明的で表面的なものになってしまいますが、松園は個人的な体験ではなく、こういうことってありますよね、と普遍化して、ひとつの芸術表現に至っています」と古田亮さんは語る。

藤の花の着物には、一面に蜘蛛の糸が張り巡らされている。黒く見える蜘蛛の糸は、銀が酸化して黒くなったもの。もとは銀色に輝いていた。

「決してドロドロはしていなくて、きれいに描いています。でも、美を極めていけばいくほど、そこには裏側も見えてきます。美しいものほど怖いものはない。子供にはあまり怖くないけど、人生経験のある大人が見ると怖い」

次ページ鬼になる直前の女性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。