美しいほど怖い!生き霊になった女の「怨念」

「うらめしや展」の幽霊画はここが恐ろしい

幽霊画の展覧会「うらめしや~、冥途のみやげ」が、9月13日まで東京藝術大学大学美術館で開かれている。ほの暗い地下の展示室に、それぞれの恨みを抱えた幽霊たちが集う。企画した東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授に、5人の幽霊を紹介してもらった。

葵上を呪い殺そうとする六条御息所

画像を拡大
《焔》上村松園 大正7(1918)年 絹本着色 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives (9月1日~9月13日に展示)

女の嫉妬が炎のように燃え上がり、身を焦がす。光源氏の正妻である葵上に嫉妬し、生き霊となって呪い殺そうとする六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の姿だ。

作者の上村松園(1875~1949年)は美人画で知られる女性画家。生涯に1点だけ、「生霊」を描いたのがこの作品だという。

「 当時、女性画家として生きるには大変なことがあり、その想いをためていたのでしょう。そういう情念を直接的に表現すると、説明的で表面的なものになってしまいますが、松園は個人的な体験ではなく、こういうことってありますよね、と普遍化して、ひとつの芸術表現に至っています」と古田亮さんは語る。

藤の花の着物には、一面に蜘蛛の糸が張り巡らされている。黒く見える蜘蛛の糸は、銀が酸化して黒くなったもの。もとは銀色に輝いていた。

「決してドロドロはしていなくて、きれいに描いています。でも、美を極めていけばいくほど、そこには裏側も見えてきます。美しいものほど怖いものはない。子供にはあまり怖くないけど、人生経験のある大人が見ると怖い」

次ページ鬼になる直前の女性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT