激しかった「前衛芸術」赤瀬川原平を再び

絵画、オブジェ、小説、路上観察まで変幻自在

オークションで作品に高値がつくなど、今、海外でも1960年代の日本の前衛美術が注目されている。その中心人物の一人、赤瀬川原平さん(1937~2014年)の回顧展「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」が、12月23日まで千葉市美術館で開かれている。

赤瀬川さんは、絵画、オブジェ、マンガ、小説、エッセイ、路上観察など、次々にジャンルを変えながら、常識とは違うモノの見方を提示してきた。笑いを誘うユーモラスなものも多く、物忘れなどの老化現象をポジティブにとらえ直した『老人力』(1998年)はベストセラーになった。会田誠、山口晃ら、現代のアーティストからも敬愛されている赤瀬川さんについて、展覧会を企画した水沼啓和主任学芸員に話をきいた。

廃品タイヤの肉感

赤瀬川さんの出世作は、24歳のとき読売アンデパンダン展に出品した『ヴァギナのシーツ(二番目のプレゼント)』だった。肉体を思わせる赤い部分はタイヤのゴムチューブ。そこにホイールや真空管が取り付けられている。

赤瀬川原平『ヴァギナのシーツ(二番目のプレゼント)』1961/1994年 
作家蔵 名古屋市美術館寄託

「当時、ハイテクだった真空管と生々しい肉体、つまり、無機的なものと有機的なものが組み合わされています。このようなオブジェの作品は、まだ新しいものでした」と水沼さんは語る。欧米はすでに大量生産、大量消費の時代に入っていた。

「それを受けてゴミや廃品を使うジャンクアートが世界的にはやっていました。日本の若い芸術家にとっては、流行に乗るという意味もありましたが、四畳半に住み、おカネのない中で目立つ作品を作るためには、廃品を使うことがメリットとなったのです」

廃品を集めてオブジェを作り、展覧会が終わると捨ててしまう。だから当時の出品作はほとんど残っていないという。この「ヴァギナのシーツ」も、1994年に再制作されたものだ。

次ページ通貨模造の疑いで逮捕
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT