激しかった「前衛芸術」赤瀬川原平を再び

絵画、オブジェ、小説、路上観察まで変幻自在

オークションで作品に高値がつくなど、今、海外でも1960年代の日本の前衛美術が注目されている。その中心人物の一人、赤瀬川原平さん(1937~2014年)の回顧展「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」が、12月23日まで千葉市美術館で開かれている。

赤瀬川さんは、絵画、オブジェ、マンガ、小説、エッセイ、路上観察など、次々にジャンルを変えながら、常識とは違うモノの見方を提示してきた。笑いを誘うユーモラスなものも多く、物忘れなどの老化現象をポジティブにとらえ直した『老人力』(1998年)はベストセラーになった。会田誠、山口晃ら、現代のアーティストからも敬愛されている赤瀬川さんについて、展覧会を企画した水沼啓和主任学芸員に話をきいた。

廃品タイヤの肉感

赤瀬川さんの出世作は、24歳のとき読売アンデパンダン展に出品した『ヴァギナのシーツ(二番目のプレゼント)』だった。肉体を思わせる赤い部分はタイヤのゴムチューブ。そこにホイールや真空管が取り付けられている。

赤瀬川原平『ヴァギナのシーツ(二番目のプレゼント)』1961/1994年 
作家蔵 名古屋市美術館寄託

「当時、ハイテクだった真空管と生々しい肉体、つまり、無機的なものと有機的なものが組み合わされています。このようなオブジェの作品は、まだ新しいものでした」と水沼さんは語る。欧米はすでに大量生産、大量消費の時代に入っていた。

「それを受けてゴミや廃品を使うジャンクアートが世界的にはやっていました。日本の若い芸術家にとっては、流行に乗るという意味もありましたが、四畳半に住み、おカネのない中で目立つ作品を作るためには、廃品を使うことがメリットとなったのです」

廃品を集めてオブジェを作り、展覧会が終わると捨ててしまう。だから当時の出品作はほとんど残っていないという。この「ヴァギナのシーツ」も、1994年に再制作されたものだ。

次ページ通貨模造の疑いで逮捕
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT