終戦の翌年に餓死…鬼才の木版画を見に行く

不穏で幻想的。谷中安規の魅力

昭和初期に、幻想的でミステリアスな木版画を残した谷中安規(たになか・やすのり、1897~1946年)の回顧展が、11月24日まで、町田市立国際版画美術館で開かれている。

今も根強い人気のある版画家で、11年前の回顧展の図録は古書市場で高値がついている。夢ともうつつともつかない世界を描きながら、時代の空気も感じさせる作品はどのように生まれたのか、学芸員の滝沢恭司さんに話をきいた。

衣食住よりも、ひたすら版画の人生

谷中安規はまるで生活力のない人だったという。37歳まで住む部屋がなく、友人、知人の家に居候していた。服や食べるものにも無頓着で、お腹がすくと生米を口に放り込み、ニンニクをかじり、みそをなめていた。そして終戦の翌年、餓死してしまうのである。

生活面ではかなりダメな人だったが、版画には夢中で取り組んだ。特に文学者や作家に理解者が多く、英文学者で詩人の日夏耿之助、作家の佐藤春夫らと交流し、作家の内田百閒は彼を「風船画伯」と名付けて、時々、100円を届けさせたという。

画像を拡大
谷中安規『春夜』(『白と黒』35号)1933年5月
絵の周りのグレーがかった青い部分も、谷中が自分で色を塗った

それでは作品を見てみよう。赤と黒のコントラストが印象的な『春夜』は、中央に電燈が灯り、右下にポリスボックスと傘を差して振り返る男が描かれている。

「男性は谷中自身だと思います。警官に呼びとめられて、荷物を調べられたことが何度かあったと書き残していますから、そのときのイメージを描いたのでしょう」

ひとつの画面に複数の光景が組み合わされ、さまざまに想像することができる。滝沢さんは、裸の女性、その前で立ち話をする男たち、右上のテーブルを囲む人々などから、下町の遊郭を連想した。一方、この展覧会が巡回する、岩手県立美術館の原田光館長は、映画館をイメージする。スクリーンに裸婦が映っていて、その前に観客がいる。右上は映写室というわけだ。

次ページ口から蝶を吐く男は、何を意味するか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。