終戦の翌年に餓死…鬼才の木版画を見に行く

不穏で幻想的。谷中安規の魅力

黒い影と自転車

画像を拡大
谷中安規『自転車A』1932年

星空の下、制服、制帽の男がライトをつけて自転車をこいでいく。黒い影が不穏な雰囲気を醸し出す。この作品は『カリガリ博士』や『プラーグの大学生』など、ドイツ表現主義の映画の影響を受けていると滝沢さんは見る。表現主義とは、外見を表現する印象派に対して、不安などの感情を表そうとするものだ。

「谷中は映画が好きでした。映画はセットで撮影すると、照明によって影を強調し、歪んだ空間を作り出せる。そういうところに刺激を受けたのではないでしょうか」

谷中の作品は1930年代のモダンな空気をまといながらも、東洋的な感じのするものが多い。長谷寺の門前町に生まれ、子供時代を寺で過ごしたためだろうか。

次ページ戦時中に見出す、桃源郷
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT