やっぱり、ねこ・猫・ネコが好き!

源氏物語の猫から、日用品モチーフの猫まで

すました猫、眠る猫、狙う猫など、どの作品にも猫が登場する、「ねこ・猫・ネコ」展が渋谷区立松濤美術館で5月18日まで開かれている。

家の中や庭先をうろつく猫は、画家にとって格好のモデルだった。黒田清輝、藤田嗣治、奥村土牛、猪熊弦一郎ら、今回も展示されているように、実に多くの画家が猫を描いている。どんな猫たちがいるのか、学芸員の平塚泰三さんに案内してもらおう。

背中の毛のフワフワ感

『猫図』(部分) 卞相璧(1730年~?)李朝後期 紙本着彩 東京国立博物館 
Image:TMN Image Archives (前期に展示)

丸い目をしたこの猫は、朝鮮の画家、卞相璧(べんそうへき)が描いたもの。李朝で最も毛の描写に優れた画家だったというだけあって、背中から尾にかけてのふわふわ感が絶妙。特に猫と鶏を得意としたという。

猫はもともとネズミの害を防ぐために飼われたそうだ。平塚さんはこう語る。
「日本に飼い猫が入ってきたのは奈良時代。仏典をネズミから守るためにもたらされたと言われています。平安時代には貴族の愛玩動物になり、鎌倉時代には家の中で飼われている様子が絵に残されています」

次ページ育ちがよすぎて、ネズミが捕れない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。