やっぱり、ねこ・猫・ネコが好き!

源氏物語の猫から、日用品モチーフの猫まで

すました猫、眠る猫、狙う猫など、どの作品にも猫が登場する、「ねこ・猫・ネコ」展が渋谷区立松濤美術館で5月18日まで開かれている。

家の中や庭先をうろつく猫は、画家にとって格好のモデルだった。黒田清輝、藤田嗣治、奥村土牛、猪熊弦一郎ら、今回も展示されているように、実に多くの画家が猫を描いている。どんな猫たちがいるのか、学芸員の平塚泰三さんに案内してもらおう。

背中の毛のフワフワ感

『猫図』(部分) 卞相璧(1730年~?)李朝後期 紙本着彩 東京国立博物館 
Image:TMN Image Archives (前期に展示)

丸い目をしたこの猫は、朝鮮の画家、卞相璧(べんそうへき)が描いたもの。李朝で最も毛の描写に優れた画家だったというだけあって、背中から尾にかけてのふわふわ感が絶妙。特に猫と鶏を得意としたという。

猫はもともとネズミの害を防ぐために飼われたそうだ。平塚さんはこう語る。
「日本に飼い猫が入ってきたのは奈良時代。仏典をネズミから守るためにもたらされたと言われています。平安時代には貴族の愛玩動物になり、鎌倉時代には家の中で飼われている様子が絵に残されています」

次ページ育ちがよすぎて、ネズミが捕れない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT