シャネルの家紋? 自由すぎる武将たち

練馬区に今風の武者が大集合

黒光りのする鎧兜に身を包んだ戦国時代の武将が座っている。しかし、目を凝らすと兜にCHANELの文字。胴の白い部分にもシャネルのマークが家紋としてあしらわれている。彼は紗練家(しゃねる家)の武将なのだ。

練馬区立美術館で4月6日まで開催中の「野口哲哉展-野口哲哉の武者分類(むしゃぶるい)図鑑-」には、野口さんが作った武者が集められている。どれも戦国時代から抜け出してきたかのようなリアルさだが、ヘッドフォンで音楽に聴きほれていたり、真っ赤なソファでくつろいでいたりするのが面白い。学芸員の加藤陽介さんに案内してもらおう。

シャネル武将、見参

『シャネル侍着甲座像』2009年 CHANEL SAMURAI Copyright Tetsuya Noguchi/Collection : CHANEL K.K

「作者の野口さんは歴史や甲冑について勉強しているので、作品は正確、精巧にできています。だけど、遊んでいる。真面目にふざけているのです」

と加藤さんは語る。武者の立体作品も絵画も、驚くほどよくできているからこそ、野口さんのたくらみが生きる。戦国時代から現代にタイムワープしたような、ユーモラスな作品になっている。

一つひとつの作品には、野口さんによる解説がついている。たとえば、この紗練家(しゃねる家)の開祖は、主君に戦功を認められ、南蛮貿易でもたらされたシャネルブランドのハンドバッグをほうびにもらった。そして紗練の姓を名乗り、家紋を使うことを許された。もちろん架空のストーリーだ。

次ページ赤づくしがステータス?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT