洗剤ボトルごしごし…で価値感が変わる?

身の回りの品の「価値」を「変換」してみる

東京都現代美術館で5月11日まで開催中の「MOTアニュアル フラグメント―未完のはじまり」では、自分の中で当たり前に思っていることが、微妙に”ずれる”ような感覚を味わえる。

たとえば、このプラスチックボトルは、市販の洗剤や柔軟剤の容器の表面にヤスリをかけたもの。光沢はすっかり消えて毛羽立ったようになり、どこか現実離れした、不思議な存在感をたたえている。もとはドラッグストアに山積みされているボトルとわかっているのに、なぜか目が引き付けられてしまう。

洗剤ボトルの質感が!

青田真也『無題』2013-14 撮影:伊奈英次

作者の青田真也さんは、「プラスチックではない素材に見えることを心掛けて、自分でもわからなくなるぐらい時間をかけて制作した」と言う。ひたすら表面にヤスリをかけ続けた。

「細かい作業だし、同じ作業の積み重ねなので疲れたりもする。でも、ずっとやっていると、ランナーズハイと同じような、いきなりフワッと気持ちよくなる瞬間があるのです」 

ボトルの質感が変わった瞬間に、ドキドキするような面白さがあるという。

次ページひたすらこすることで、見える価値
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。