巨匠の名画で、なりきりコスプレ写真

あるときは画家、あるときは少女……

アーティストの森村泰昌さんが1枚の絵から思いもよらぬ物語を紡ぎ出す、「森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」が、銀座8丁目の資生堂ギャラリーで開かれている。

扮装した森村さんが登場する写真作品は、訪れた人を笑いに包んで不思議の国へと連れていく。担当した学芸員の豊田佳子さんにお話を伺った。

巨匠の名画から、画家が飛び出した?

画像を拡大
ディエゴ・ベラスケス『ラス・メニーナス』 1656年 (C)マドリッド プラド美術館

この絵を見たことはないだろうか。17世紀スペインの巨匠、ベラスケスの『ラス・メニーナス』(侍女たち)だ。中央に立つ少女は、国王フェリペ4世の娘のマルガリータ王女。国王がベラスケスに命じて描かせたという。

しかし見てのとおり、王女の肖像画にしては様子がおかしい。

「本来は絵の外にいる画家が描かれ、奥の鏡には国王と王妃が映っています。絵の中のキャンバスに何が描かれているのか、何を目的に制作されたのか、謎の多い絵としてさまざまに解釈されてきました」と豊田さんは語る。

ではここで問題です。上の絵と次の写真作品では、どこが違っているでしょうか?

画像を拡大
『侍女たちは夜に甦るⅢ:絵の深奥の扉を開ける』 2013年 発色現像方式印画 1480×1670mm
次ページ11人に扮して、一人芝居
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。