新田次郎の『夜光雲』を知っていますか

大作家が描き出した奇天烈なストーリー

世の中にあふれる本の数々。どんなに読書好きであっても、その存在すら知らないような珍書(大作家の意外な作品、奇天烈なストーリー)はゴマンとある。そんな「珍書」の蒐集に情熱と財産をつぎ込む古書山たかし氏が、目からウロコの珍書探訪記をお贈りする。連載タイトルの「稀珍快著探訪」は、大正時代に活躍した、主に医学的見地に基づく奇譚の収集家・田中香涯の古今の珍談を集めた奇書『奇・珍・怪』にあやかってつけた。さあ、稀珍快著の世界へ行ってみよう!

記念すべき第1回。最初に取り上げるのは、新田次郎(1912~1980)の作品、『夜光雲』(講談社 昭和42年 221ページ)である。

画像を拡大
『夜光雲』は新田次郎トンデモ系の頂点に立つ珍書といえる

新田次郎は、今更いうまでもなく日本を代表する小説家である。中央気象台(今の気象庁)の有能な技術者でありながら、夫人・藤原ていの『流れる星は生きている』がベストセラーになったことに刺激を受け、小説の世界に進出。緻密な取材と雄大な構想で数々の傑作をものにしている。

大河ドラマ原作にもなったライフワーク『武田信玄』、絶滅寸前だったエスキモーのために人生を捧げ尽くした実在の日本人・フランク安田を描いた『アラスカ物語』、映画の印象も鮮烈な『八甲田山死の彷徨』、など、歴史小説、山岳小説(本人はこの呼称を嫌がっていたそうだが)の傑作が目白押しである。

富士山気象レーダーの建設責任者

それに加え、気象庁の技術者、藤原寛人としては、当時の技術力では極めて困難だった富士山気象レーダーの建設責任者として陣頭指揮に立ち、見事設置に成功。日本気象予報史上特筆すべき革新をもたらしたこの業績は、NHKの人気番組『プロジェクトX』の第1回でも取り上げられている。

息子で数学者の藤原正彦も今や大人気の文筆家であり、グーグル検索のヒット数も新田次郎で38万2000件、藤原正彦で29万7000件と、それほど大きな差はない。という位の情報を列記すれば、ある程度一般的に知られる新田次郎像を述べたといえるだろうが、この連載に取り上げられていることから容易に想像出来るように、この人の作品群を見ていくと、意外にそれらのメジャーとなるべくしてなった「主峰」から外れた作品がポツポツとある。

次ページどんな珍書があるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT