印象派はなぜ「スーツ族」を魅了するのか

ブリヂストン美術館「気ままにアートめぐり」より

日本で最も多くのサラリーマンが訪れる美術館。それは東京・京橋のブリヂストン美術館ではないだろうか。

東京駅から徒歩5分。オフィス街の癒しスポット、ブリヂストン美術館

東京駅から徒歩5分、ブリヂストン本社ビルの一角という便利な場所にあり、仕事の息抜きに来る人もいれば、新幹線での出張のついでに立ち寄る人もいる。

この日もスーツ姿の男性が、ルノワールの《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》の前にじっと座っていた。おしゃまなシャルパンティエ嬢に会いにきたのだろうか。忙しい日々の中の日だまりのような時間なのかもしれない。

ブリヂストン美術館の魅力は、いつ行っても質の高い作品に出会えること。入り口でロダンの《考える人》に迎えられ、展示室に入るとセザンヌ、ピカソなど、誰もが名前を知っている画家たちの絵が並んでいる。

気分転換したいとき、パッと飛び込めば、日々の雑事が忘れられる。映画やライブのようにスタート時間が決まっていないから、ふらりと入って好きなときに出ていける。静かなライブラリーやカフェもあり、金曜は夜8時まで開いている。

そんなサラリーマンにやさしい美術館になったわけは、その成り立ちにあった。

次ページビジネス界に生きる人にこそ美術品を
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。