創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 

村上 隆著

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 村上 隆著

今の日本のクリエーティブシーンは確実に衰退しつつある。「夢はいつかかなうもの」の方便の徹底が日本人を怠惰にした、と著者は言う。

アーティストとして何より求められるのは、デッサン力やセンスなどの技術ではなく、「執念」である。“尋常ではないほどの執着力”を持ち、何があっても“やり通す覚悟”があるならば成功できる。それがなければ成功できるはずがないという図式は、はっきりしている。そこに疑問を挟む余地などなく、それがすべてなのだ、とも。

アートの世界とビジネスの世界には共通項を見いだせる部分も多いとして、世界第一線で活躍する著者が生み出した、個人の力を最大限に発揮する仕事術を披露する。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。