創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 

村上 隆著

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 村上 隆著

今の日本のクリエーティブシーンは確実に衰退しつつある。「夢はいつかかなうもの」の方便の徹底が日本人を怠惰にした、と著者は言う。

アーティストとして何より求められるのは、デッサン力やセンスなどの技術ではなく、「執念」である。“尋常ではないほどの執着力”を持ち、何があっても“やり通す覚悟”があるならば成功できる。それがなければ成功できるはずがないという図式は、はっきりしている。そこに疑問を挟む余地などなく、それがすべてなのだ、とも。

アートの世界とビジネスの世界には共通項を見いだせる部分も多いとして、世界第一線で活躍する著者が生み出した、個人の力を最大限に発揮する仕事術を披露する。

角川oneテーマ21 820円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。