「超」入門 微分積分 学校では教えてくれない「考え方のコツ」 

神永正博著

「超」入門 微分積分 学校では教えてくれない「考え方のコツ」 神永正博著

高校時代、微分積分の授業に挫折した人も多いだろう。本書は、「考え方のコツ」を知ることで、さまざまな数式や微積分の本質を理解することを目的としたものである。

たとえば、「どんな複雑な図形の面積も、単純な図形の面積の和で表せる」という積分の考え方を基に、ドーナツの体積を求めるとする。その際には、小学校で習った図形の面積や体積の計算方法を応用しながら、ドーナツを切り刻んだ図版を使って説明する。

微分積分学を発展させた解析学の専門家である著者は、一見難しそうなことでも、小さく分けて簡単なことの積み重ねにして理解しようとするのが、微分積分の考え方だとしている。

講談社ブルーバックス 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。