戦国武将 敗者の子孫たち 高澤 等著

戦国武将 敗者の子孫たち 高澤 等著

本能寺の変後、秀吉に滅ぼされた明智光秀には嫡男光慶(みつよし)をはじめ、数人の実子がいた。光秀の後を追って14歳で自刃した光慶に代わって、明智家の血を伝えたのは細川忠興に嫁いだ娘・珠(たま)。細川ガラシャの名で知られる珠の子孫は熊本藩主細川家へとつながり、その系譜は第79代内閣総理大臣細川護熙氏へ連なる。

武田勝頼、真田信繁、石田三成、豊臣秀勝、松平信康、今川氏真ら、歴史上に大きな足跡を残しながら、敗れ去っていった武将の子孫はどこへ行ったのか。異聞・伝説を排し、確実な資料を基に男系だけでなく女系に入った血脈も調べ、天皇家や近世大名家にもつながる意外な事実を発見。戦国時代の敗者・反逆者の末裔を現代に追いかける。

洋泉社歴史新書y 935円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。