笑うフェルメールと微笑むモナ・リザ 名画に潜む「笑い」の謎 元木幸一著

笑うフェルメールと微笑むモナ・リザ 名画に潜む「笑い」の謎 元木幸一著

西洋絵画における笑顔といえば、思い出されるのが「モナ・リザ」の微笑だろう。一般に「謎の微笑」と呼ばれているが、本当のところはどうなのか。著者はヨーロッパ絵画における肖像画の歴史をたどり、ルネサンス期に微笑が高貴な女性の付加価値になったことを指摘。「モナ・リザ」の微笑もその表れと読み解く。

日本で人気の高いフェルメールも、多くの作品で笑顔を描いているが、その笑いは一様ではない。そこには何が隠されているのか。成人したキリスト像が笑っていないのはなぜか。西洋絵画において数々の名画を生み出す原動力となった「笑い」を切り口に、ルネサンスから17世紀末までの中世西洋美術史を語る。

小学館101ビジュアル新書 1155円

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。