世界で最も人気がある美術館・博物館はやっぱりあそこ、トリップアドバイザーが来館者数ランキングのインフォグラフィック

世界最大の旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーは、世界の美術館と博物館の来館者数ランキングをまとめたインフォグラフィックを公表した。
 
 それによると年間来館者数1位は仏・パリのルーヴル美術館で888万人。2位は米・ニューヨークのメトロポリタン美術館の600万人。3~5位には大英博物館など英・ロンドンの3館が入った。
 
 東アジアからは、台湾・台北の故宮博物院が7位に、韓・ソウルの韓国国立中央博物館が9位に、中国・上海博物館が20位に入っている。
 
 日本からは、東京国立博物館が163万人で22位に入った。東京国立博物館は日本を代表する博物館で、世界的にも貴重な品々を収蔵する。しかしながら、外国人観光客に対する知名度はもうひとつで、入場者に占める外国人は約2割と少ない。東京国立博物館では外国人来館者を増やすべく、ネットなどを使い海外向けのアピールに力を入れているところだ。

[+クリックで画像拡大]

Photo:Eric Pouhier CC BYSA
(東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。