世界で最も人気がある美術館・博物館はやっぱりあそこ、トリップアドバイザーが来館者数ランキングのインフォグラフィック

世界最大の旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーは、世界の美術館と博物館の来館者数ランキングをまとめたインフォグラフィックを公表した。
 
 それによると年間来館者数1位は仏・パリのルーヴル美術館で888万人。2位は米・ニューヨークのメトロポリタン美術館の600万人。3~5位には大英博物館など英・ロンドンの3館が入った。
 
 東アジアからは、台湾・台北の故宮博物院が7位に、韓・ソウルの韓国国立中央博物館が9位に、中国・上海博物館が20位に入っている。
 
 日本からは、東京国立博物館が163万人で22位に入った。東京国立博物館は日本を代表する博物館で、世界的にも貴重な品々を収蔵する。しかしながら、外国人観光客に対する知名度はもうひとつで、入場者に占める外国人は約2割と少ない。東京国立博物館では外国人来館者を増やすべく、ネットなどを使い海外向けのアピールに力を入れているところだ。

[+クリックで画像拡大]

Photo:Eric Pouhier CC BYSA
(東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT