世界で最も人気がある美術館・博物館はやっぱりあそこ、トリップアドバイザーが来館者数ランキングのインフォグラフィック

世界最大の旅行クチコミサイト・トリップアドバイザーは、世界の美術館と博物館の来館者数ランキングをまとめたインフォグラフィックを公表した。
 
 それによると年間来館者数1位は仏・パリのルーヴル美術館で888万人。2位は米・ニューヨークのメトロポリタン美術館の600万人。3~5位には大英博物館など英・ロンドンの3館が入った。
 
 東アジアからは、台湾・台北の故宮博物院が7位に、韓・ソウルの韓国国立中央博物館が9位に、中国・上海博物館が20位に入っている。
 
 日本からは、東京国立博物館が163万人で22位に入った。東京国立博物館は日本を代表する博物館で、世界的にも貴重な品々を収蔵する。しかしながら、外国人観光客に対する知名度はもうひとつで、入場者に占める外国人は約2割と少ない。東京国立博物館では外国人来館者を増やすべく、ネットなどを使い海外向けのアピールに力を入れているところだ。

[+クリックで画像拡大]

Photo:Eric Pouhier CC BYSA
(東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 住みよさランキング
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT