何でもアリのおきて破り。ウォーホルの快楽

アンディ・ウォーホルって、どこがすごいの?

マリリン・モンローの肖像画、キャンベルスープの缶の絵など、誰でも1度はアンディ・ウォーホルの作品を目にしたことがあるだろう。アメリカが生んだ、20世紀を代表するアーティストのひとりと言われるけれど、いったいどこがすごいのか? 六本木ヒルズの森美術館で開催中の「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」を企画したキュレーターの近藤健一さんに話を聞いた。

アンディ・ウォーホルは1960年代前半に表舞台に躍り出た。それは2つの点で革新的だったからだと近藤さんは語る。

絵画のヒエラルキーを“もてあそぶ”

「当時の絵画は、その人のオリジナリティのある主題で、精神性やメッセージが込められた表現がよいとされていました。ところがウォーホルは、マリリン・モンローやキャンベルスープのように、大衆的で低俗と見なされていたものを主題にして、美術作品として発表したのです」

その制作方法も今までにないものだった。絵画というのは、布のカンヴァスに画家がコツコツと描く一点もの。だから美術では絵画がいちばん格上で、紙に何点でも複製できる版画は二流と見なされていた。「ウォーホルはこのヒエラルキーをもてあそんでいます」。

つまり、シルクスクリーンという版画の技法でカンヴァスに刷り、「これは絵画です」と提示してみせたのだ。「絵画は崇高で高尚で、天才にしか作れないと信じている人にとっては、絵画を冒瀆する行為でした。美術のおきて破りです」。

当然、非難の声が上がったが、その一方で、絵画の既成概念を揺さぶる前衛性が評価された。1970年から71年にニューヨークのホイットニー美術館をはじめ、欧米の美術館で個展が開かれると、彼の評価は決定的なものになる。

物議をかもした、マリリン・モンロー

ここからは展示作品を見ていこう。

アンディ・ウォーホル『マリリン・モンロー(マリリン)』1967年 紙にスクリーンプリント 91.4 x 91.4 cm アンディ・ウォーホル美術館蔵 (c) 2014 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Artists Rights Society(ARS), New York
 Marilyn Monroe™; Rights of Publicity and Persona Rights: The Estate of Marilyn Monroe, LLC marilynmonroe.com
次ページ大量生産・大量消費バンザイ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。