スヌーピーと考える「しあわせってなあに?」 チョコとピーナッツバター…ふたつとも愛したよ。

✎ 1〜 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 28 ✎ 最新
印刷
A
A

世代も性別も超えて世界中で愛されているビーグル犬、スヌーピー。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーでは、2014年1月5日まで、「スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。」が開かれている。人生の機微を感じさせてくれる、大人向けの展覧会だ。10月のスタートから、すでに15万人以上の来場者を集めている。

テレビアニメーション「スヌーピーとかぼちゃ大王」セル画(1966年)© 2013 Peanuts Worldwide LLC

お人好しのチャーリー・ブラウン、ちょっと意地悪なルーシー、毛布が手放せないライナスなど、「ピーナッツ」には個性的な子供たちと一緒にスヌーピーが登場する。アメリカ人のチャールズ・M・シュルツさんが1950年から2000年まで描き続けた、新聞の連載漫画だ。掲載紙は75カ国、2600紙に上る。

会場ではその原画115点を中心に、「ピーナッツ」誕生までのエピソードや制作中のシュルツさんの映像、アニメーション、キャラクターグッズなどが紹介されている。

4本足だったスヌーピー

連載が始まった頃のスヌーピーとチャーリー・ブラウンはこんな感じだった。

画像を拡大
名コンビ登場 「ピーナッツ」原画(1950年11月25日) © 2013 Peanuts Worldwide LLC
1.さよなら…寂しいよ… 2.でも悲しまないで…前向きに考えるんだ! 3.長いあいだじゃない… 4.朝には会えるんだからね!

スヌーピーは4足歩行の普通の犬だった。チャーリー・ブラウンのシャツにはまだギザギザ模様がない。よく見ると、鉛筆の下書きがところどころに残っている。

次ページ心に染み入る谷川俊太郎訳
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT