出版不況は東南アジアで打破!小学館の秘策

国内の出版不況と現地パートナー依存の限界を脱せよ!

大手出版社の小学館が、東南アジアに本格進出を果たした。これまでも現地の出版社をパートナーとして作品の「ライセンス許諾」は行ってきたが、これからは自社の拠点をシンガポールに構えることで、同地域で独自のビジネスを展開していくという。
少子化や読者の余暇時間の減少などに伴う国内の出版不況から脱したい同社が、東南アジアで何をしようとしているのか。「小学館アジア」マネージングダイレクターの加冶屋文祥氏に話を聞いた。
「小学館アジア」マネージングダイレクターの加冶屋文祥氏

小学館は9月、東南アジアに事業を展開する拠点としてシンガポールに現地法人「小学館アジア」を設立した。11月にはオープニングレセプションが開かれ、シンガポール経済開発庁 エグゼクティブディレクターのJayson Goh氏、在シンガポール日本国大使館 特命全権大使の竹内春久氏、またシンガポールに拠点を置く日系企業の重役たちが多く出席。その注目度の高さをうかがわせた。

同社は1986 年にアメリカ・サンフランシスコに VIZ コミュニケーションズを設立、これを皮切りにパリとベルリンにVIZ ヨーロッパ、中国・上海市に上海VIZ、台湾には台湾小学館を設立し、それぞれ出版事業、広告事業を行ってきた。東南アジアでの事業は、これまで各国の現地出版社をパートナーとしてライセンス出版を行ってきたが、100%自社子会社を設立するのは今回が初めてだ。

次ページ「現地のパートナーにお任せ」の限界
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT