出版不況は東南アジアで打破!小学館の秘策

国内の出版不況と現地パートナー依存の限界を脱せよ!

大手出版社の小学館が、東南アジアに本格進出を果たした。これまでも現地の出版社をパートナーとして作品の「ライセンス許諾」は行ってきたが、これからは自社の拠点をシンガポールに構えることで、同地域で独自のビジネスを展開していくという。
少子化や読者の余暇時間の減少などに伴う国内の出版不況から脱したい同社が、東南アジアで何をしようとしているのか。「小学館アジア」マネージングダイレクターの加冶屋文祥氏に話を聞いた。
「小学館アジア」マネージングダイレクターの加冶屋文祥氏

小学館は9月、東南アジアに事業を展開する拠点としてシンガポールに現地法人「小学館アジア」を設立した。11月にはオープニングレセプションが開かれ、シンガポール経済開発庁 エグゼクティブディレクターのJayson Goh氏、在シンガポール日本国大使館 特命全権大使の竹内春久氏、またシンガポールに拠点を置く日系企業の重役たちが多く出席。その注目度の高さをうかがわせた。

同社は1986 年にアメリカ・サンフランシスコに VIZ コミュニケーションズを設立、これを皮切りにパリとベルリンにVIZ ヨーロッパ、中国・上海市に上海VIZ、台湾には台湾小学館を設立し、それぞれ出版事業、広告事業を行ってきた。東南アジアでの事業は、これまで各国の現地出版社をパートナーとしてライセンス出版を行ってきたが、100%自社子会社を設立するのは今回が初めてだ。

次ページ「現地のパートナーにお任せ」の限界
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT