三井物産が900億かけて医療を輸出するワケ

狙う10兆円市場 「メディカルツーリズム」の全貌

 医療財源の圧迫を背景に脱ドメスティックを迫られる医療業界と、脱資源エネルギー依存を図りたい総合商社の思惑が、東南アジアを舞台にしてかみ合い始めている。
 日本に限らず、アジアは高齢化が進行中。世界全体で現在約5億人の高齢者は、2030年ごろには約10億人に倍増。そのうち約6億人は中国、インドを中心とするアジア人が占めるといわれている。
 こうした人口統計的なトレンドに先手を打つべく、三井物産がアジア最大手病院グループ IHH社へ900億円の出資参画を行い、9月には日本の医療技術を提供する専門クリニックを開設した。
 巨額の投資を通じて、同社は何をしようとしているのか、そしてそのうまみはどこにあるのか。同事業のトップから現場レベルに至るまで取材を重ねると、その全貌が見えてきた。 
(画像01)シンガポール・ノビナで行われた新クリニックの開所式

日本の医療業界が迫られる「脱ドメスティック」

(画像02)生体肝移植・肝臓疾患専門のクリニック Sing-Kobe Liver Transplant Centre

9月26日、シンガポール・ノビナにあるMount Elizabeth Novena Hospitalで、ある専門クリニックの開所式が開催された。神戸国際フロンティアメディカルサポート(以下、IFMS)と、三井物産が100%出資するMedicro Partnersが共同で開設した生体肝移植・肝臓疾患専門のクリニックだ。

IFMSは生体肝移植の世界的権威である田中紘一・京都大名誉教授が理事を務める一般社団法人。同氏の指導を受けた日本人専門医がシンガポールに常駐し、年間20~30件の生体肝移植手術を実施するほか、移植技術やノウハウの共有、医師の指導、教育などを行う。

次ページ総合商社の「これからの付加価値」は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT