"元祖ゆるキャラ"にこめられた、深~い意味

「海賊とよばれた男」もハマった

『海賊とよばれた男』のモデルになった出光興産の創業者、出光佐三氏は、江戸時代の禅僧、仙厓の絵を熱心に収集した。出光美術館で開催中の「仙厓と禅の世界」では、そのコレクションの一部を見ることができる。学芸課長代理の八波浩一さんにお話を伺った。

降臨、元祖ヘタウマ

まだ19歳の学生だった出光佐三氏が、初めて手に入れた絵が、この『指月布袋画賛』だ。美術品の売り立てで見て気に入り、父親に頼み込んで買ってもらったという。

トレードマークの袋を持った布袋さんと幼い子供が空を指さしている。のほほんとした布袋の顔、子供のプリッとしたお尻など、小説の中の海賊とは程遠いイメージだ。「元祖ゆるキャラ」、「元祖ヘタウマ」とも言われている。

『指月布袋画賛』仙厓筆 江戸時代 出光美術館蔵

「とんでもなく独創的。仙厓の代表作です」と八波さんは言う。

「下手に見えますが、一筆でこのお尻のラインを描くのはなかなか難しい。とびきり絵がうまいとは言いませんが、上手をくずして描いているようなところがある」

絵の横には、「お月様いくつ、十三七つ」という、当時は誰でも知っていた子守唄の一節が書かれている。つまりは布袋さんが子守唄を歌いながら、子供とそぞろ歩きを楽しんでいるのだ。指差しているのは月と思われる。一見、ほほえましい絵だが、実は深い意味が込められている。

「悟りを開いたお坊さんの無垢の心を象徴するのが、円の絵です。心の中にわだかまりがなくなると、一番難しいと言われる円形がすんなり描ける。この世界に存在する最も美しい円形は満月です。ですから月は悟りの象徴と考えられる。布袋さんは、お坊さんが目指すのはこれなんだと、月を指差しているのです」

しかし、月は空の上に輝いていて、そう簡単に手が届くものではない。座禅を組み、ひたすら修業する。悟りまでの道のりが、いかに大変かも示している。

次ページこれが自画像?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。