なぜ人は、絵を描かずにいられないのか?

美術史からこぼれ落ちた人たちの「名画」

人はなぜ絵を描いてしまうのか。それを探っていく展覧会、「アンリ・ルソーから始まる 素朴派とアウトサイダーズの世界」が世田谷美術館で開かれている。

プロの画家ではなく、誰かに頼まれたわけでもないのに、やむにやまれず絵に熱中する人たちがいる。精神の病を抱える人の中には、目を見張るような独創的な絵を描く人もいる。そういう人たちの作品約140点を、世田谷美術館の所蔵品から紹介する展覧会だ。担当する学芸員の遠藤望さんにお話を伺った。

「美術展というと、普通は名だたる画家の作品が並びますが、今回は美術史からこぼれてしまった人たちの展覧会です。面白いことに、私たちと同じ普通の人の作品が、実は美術史のメインストリームにいる画家たちに大きな影響を与えていたのです」と、遠藤さんは語る。たとえば、「素朴派」と呼ばれ、今では人気の高い画家のアンリ・ルソーもそのひとりだ。

アンリ・ルソー 『サン=ニコラ河岸から見たシテ島』
1887~88年頃 世田谷美術館蔵
ルソーの勤めていた税関があったあたり。セーヌ河から船で運ばれてくる物資に課税していた。絵の中央に船荷が置かれ、左奥に見張りの番人がいる。ルソーも同じ仕事をしていたという

酷評記事をスクラップしたルソー

ルソーはパリ市の税関に22年間勤めた。本格的に絵を始めたのは40歳ごろ。美術学校に通ったことはなく、自己流だった。翌年からアンデパンダン展という無審査の展覧会に出品するが、評価はひどいものだった。

「当時は遠近法、身体の描き方など、アカデミックな絵画の約束事にのっとっていないものは認められませんでした。彼なりに必死になって描いた絵は、子どもの絵のようだと、みんなに大笑いされたんです。それでも彼は、酷評された記事を大事にスクラップブックに張っていました。どんなに批判されても、画家として受けた評価だったからです」

その後、彼の絵はピカソやカンディンスキーに高く評価される。伝統的な絵画を打ち破ろうとしていた彼らにとって、アカデミックな訓練を受けず、まったく別のところから出てきたルソーの絵が新鮮に映った。ピカソは生涯、4点のルソーの作品を手元に置いていたという。展示室ではルソーの油彩画3点、版画作品1点を見ることができる。

次ページ絵の具の材料は、ワインや血液
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT