今夜は刺身!と言いたくなる、すごい版画

70年前の魚・版画マニアの、恐るべき執念

食欲の秋にぴったりの展覧会が東京ステーションギャラリーで開かれている。魚の絵を得意とした日本画家、大野麥風(おおの・ばくふう 1888~1976年)の回顧展だ。フグの形をしたチケットを手に会場を進むと、キラキラ光るサヨリ、唐揚げにしたらおいしそうなカレイなど、生きのいい魚たちに囲まれる。

大野麥風は昭和初期に『大日本魚類画集』の原画を手掛けた。いつの時代にもコレクターやマニアはいたようで、兵庫の西宮書院が発行したこの画集は、魚好き、版画好きの心をつかんだ。限定500部のコレクターズアイテムである。

頒布会方式で販売され、申し込むと毎月1点ずつ木版画が送られてきた。月ごとに額縁の絵を入れ替えて楽しみ、7年がかり、全72点で完結した。会場では72点の木版画すべてを、発行された順に見ることができる。

今にも動き出しそうな魚たち

『フグ』 『大日本魚類画集』より
1940年1月 姫路市立美術館蔵
魚の顔つきに愛嬌があるのも麥風の絵の魅力

彼は日本画家として風景や動物も描いたが、特に魚の絵を数多く残した。標本のような止まった絵ではなく、魚の日常が見えてくるような構図で描いている。

「麥風は魚が泳いでいる姿を、そのまま表現することを重視しました。水族館に通うだけではなく、和歌山まで出掛けて潜水艇に乗り、海に潜って魚を観察しました。どんな場所に棲んでいるのか、生息環境も作品に取り入れています」と、東京ステーションギャラリーの清水広子さんは解説する。

次ページ作り手たちの、すさまじい執念
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。