福原愛が中国人のハートをつかめた理由

トップアスリートはグローバル社会の架け橋

福原愛選手の語学力にはすさまじいものがある(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

クルム伊達選手の「負けじ魂」

昨年9月24日、東レ・パンパシフィックオープンのサマンサ・ストーサー戦、第2セットのタイブレークでダブルフォールトを犯したクルム伊達選手に対して、観客が一斉に「あーあ」と落胆の声を漏らすと、彼女は「ため息ばっかり!」と大声で不満をぶちまけました。落胆のため息は、勝利への期待の大きさの裏返しであって、応援する者の自然な反応だという気もしますが、クルム伊達選手に言わせると、日本人の反応は海外の試合の雰囲気に比べて重たくなりがちで、特に何千人ものため息の合唱にはエネルギーを吸い取られる感じがするそうです。

プロ選手としてのサポーターとの向き合い方には賛否両論あるでしょうが、彼女は若い頃から一貫して、特にメディアに対して気難しい面を見せていました。体格ではるかに勝る外国人プレーヤーのパワーテニスに対抗するには、スピードとテクニックに加えて、何よりも不屈の精神力が必要ですし、それが負けん気の強さとなって表に出るのも、クルム伊達選手の魅力ではあります。

強烈な個性を持つ中国のスター選手たち

そんなクルム伊達選手を何倍にもパワーアップしたようなテニスプレーヤーが中国にいます。2011年全仏オープンでアジア人初の4大大会シングルスチャンピオンとなり、今年1月の全豪オープンでも見事優勝を飾った、現在、世界ランク3位の李娜(リィナー)選手です。人民網の報道によると、年間収入は1820万ドル。女子テニスではシャラポワ、セレーナ・ウィリアムスに次ぐ金額を稼ぐスター選手です。

次ページインタビュアーを凍りつかせた美人アスリート
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。