言葉ができなきゃ「話にならない」グローバル

もう待ったなしのマルチリンガル化

英国の財務相らと談笑する北京大学の学生。中国でのエリート大学では、英語の講義は当たり前だ(写真:AP/アフロ)

世界の標準はマルチリンガル

「2つの言葉ができる人はバイリンガル、3つできるのがトライリンガル。では、ひとつの言葉しかしゃべれない人を何と呼ぶでしょうか?」。グローバルコミュニティで聞かれるこのジョークの答えは「アメリカ人」です。

英語しか話せない人の多いアメリカ人を揶揄するこのジョークは、裏を返すと、母国語に加えていくつかの外国語を話せるのがグローバルスタンダードであることを意味しています。アメリカ人の場合は、英語が世界のデファクトスタンダードになっていますから、笑って済ませばいい話ですが、このジョークの答えが「日本人」でも当てはまってしまうことに思いを致すと、われわれは笑ってはいられません。

ヨーロッパには多言語を操る人が多いのはよく知られていますが、アジアも同様です。以前のコラム(「中国式グローバルエリートの育て方」)にも書いたとおり、中華系マレーシア人はマレー語、英語に加えて福建語や広東語などを話し、最近は中国標準語(普通話)も習得して合計4種類を操る人が増加中です。

もっとすごいのは、以前、ゴルフコンペで一緒になった南アフリカの外交官。彼が「南アフリカでは11種類の言語が使われていて、私はその全部を話すことができます」と言ったのには度肝を抜かれました。

中国人もマルチリンガル

では、世界第2位の経済大国、中国の人々の言語能力はどんなものでしょうか。まずは英語の実力について。日本人駐在員の多くが「中国人には英語が通じない」と言いますが、そう言うご本人が大して英語ができないのですから、彼らのジャッジは当てにはなりません。実際、日系以外のグローバル企業では、少なくともマネジャークラス以上の中国人は普通に英語を使っています。

次ページ中国人はそもそもバイリンガル
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。