ジョブズを演じた俳優がレノボに「入社」

「代言人」を超えたアシュトン・カッチャーの任務

レノボに「入社」した、アシュトン・カッチャー(写真:ロイター/アフロ)

スティーブ・ジョブズ役の俳優がレノボと契約

昨年、映画「Jobs」(邦題:「スティーブ・ジョブズ」)の主役として迫真の演技を見せた俳優が、35歳のハリウッドスター、アシュトン・カッチャーです。アップルコンピュータを率いてIT業界にパラダイムシフトをもたらしたカリスマ、スティーブ・ジョブズの半生を描いたこの映画は、期待が高かった反面アメリカでの評判は芳しくなかったようです。エンターテインメントとしてはエピソードの描き方が平板に見えたのかもしれません。

しかし、ジョブズとウォズニアックの出会いや、ガレージでのPC組み立てから起業する場面、事業の成長プロセスでのジョブズの傲慢不遜で冷徹な言動と周囲の理解を得られず苦悩する姿など、「なるほど、実際こんな感じだったのかな」と思わせるリアリティは感じられました。新規事業やグローバルビジネスを志す方々には必見の映画だと思います。

この映画でジョブズになりきって熱演していたカッチャーが、昨年10月レノボと契約したのには驚かされました。しかも、通常の広告タレント契約ではなく、「Yoga」ブランドのタブレット製品開発の「プロダクト・エンジニア」としての契約です。

プレスリリースによれば、彼の任務は「設計、仕様、ソフトウェア、使用法に関するアイディアを提供して意思決定を行ないながら、世界各地のエンジニアリングチームと共にYogaタブレット製品群の開発・マーケティング業務を遂行する」ことですから、本格的です。実際、カッチャーは昨年10月29日にロサンゼルスのYouTube Spaceで行われたYogaのグローバル・PRイベントで、自ら登壇して迫力満点のプレゼンテーションを披露しました。

次ページ莫大なイメージアップ効果
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。