「5時に夢中!」がぶち壊したテレビの常識

大川貴史プロデューサーに聞く

 “番組発のスター”が最も多いと言われる番組がある。出演者のキャラクターがひときわ「尖っている」、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)の看板番組「5時に夢中!」だ。「言論の自由」をテーマに月~土曜日の5時から生放送されている同番組は、今年で放送9年目を迎え、放送2000回を超える大ヒット番組となっている。
 同番組からは今の日本のTVを席捲する多くのスターが生まれてきた。マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブ、岩井志麻子、中村うさぎ、中瀬ゆかり、岡本夏生、北斗晶、……「5時に夢中!」ではまだ認知度が低かったり、再ブレイク前だったりするタレントたちを積極的に起用してきた。
 こうした“ダイヤの原石”を多く見出した「5時に夢中!」プロデューサーの大川貴史氏に人の見いだし方や発想、面白さの原点について聞いた。

マツコさん初登場は「3打席連続ホームラン!」

――月曜日コメンテーターのマツコ・デラックスさんをはじめ、ミッツ・マングローブさん、「5時に夢中!」発の“スター”が多く出ています。マツコさんの生みの親として「人を見る目」があるという印象があります。

よく「マツコさんを見いだした」と言われますが、そんなことはないです。だって、初めてお会いしたときから、マツコさんはずば抜けて面白くて、誰が会ったって見いだしていますよ。むしろ、出会えたことが「運がよかったな」というだけの話です(笑)。

マツコさんは、はっきり言って「天才」。本質を見抜く目というか、「人」や「事柄」の核心をとらえるのが本当にすごい。最初に出演していただいたときは、番組との相性のよさから、野球だったら「来日したボブ・ホーナーがいきなり3打席連続ホームランを打った!」みたいに、「すご玉がいた!」というインパクトでした(笑)。

次ページ水商売界の「めざましテレビ」が生まれたわけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。