「5時に夢中!」がぶち壊したテレビの常識

大川貴史プロデューサーに聞く

基準は「わかりやすさ」と「インパクト」

――大川さんの「面白い」という基準は。

やっぱり「わかりやすさ」と「インパクト」ですね。言葉のインパクト、ビジュアルのインパクト、発想の斬新さのインパクト。僕ら第2次ベビーブーム時代生まれは、子供が多かったから異常に前に出る人が多い。前に出ないと名前も覚えてもらえない世界で育っているから、インパクトがある人が好きですね。僕らのヒーローは、アントニオ猪木やマイク・タイソン、高校時代のKK(桑田真澄・清原和博)で、誰が見てもわかりやすい、ものすごいインパクトがあったじゃないですか。

だから、大晦日の深夜から放送する「5時に夢中!スピンオフ おママ対抗歌合戦 グランドチャンピオン大会」、“スナックのママ”たちで「場末の歌姫」を決める大会みたいなのが好きなのです(笑)。

――現在、9年目を迎える「5時に夢中!」。今後はどのような方向性を目指しますか。

今は本当にいいメンバーに出演いただいているので、変えたくないというのが本音です。ただ、世の中には“マンネリ”が絶対にあります。そうなったときにどうするべきか――というのは、考えなければと思っています。たとえば、今はコメンテーターの2人が「漫才コンビ」のようになってしまい、言葉による「漫才師の面白さ」になっているから、もうひとつのプロデューサーをしている番組「ニッポン・ダンディ」のように、3人にしてもいいかと思っています。

ただ、今のコメンテーターの方々が本当に面白いんです(笑)。「新しい人を――」とよく言われるので、探してはみるものの、なかなか勝てそうなキャラの人がいない。皆さん“逸材”で、その生き様はもちろんですが、とにかく話が刺激的でとにかく面白い。口では絶対に勝てないですよ。この人たちを外交官にすれば、世界での交渉ごともうまくいくと思いますもん(笑)。

生粋の野球少年だった大川プロデューサー。バットにはあこがれの愛甲猛氏のサイン

(撮影:梅谷 秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT