「マツコ&有吉」人気の裏に"2層構造”?

深夜にテレビを見ない層が『怒り新党』にハマる理由

60代の著名な大学教授にお会いしたときのこと。ひょんなことでテレビ番組の話になりました。

「先生、最近、どんなテレビ番組をごらんになっているんですか?」

すると、教授は、海外ドラマの名前を挙げた後で、

教授:「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)、あれは欠かさず見ているよ!
私:私も毎週見ていますよ。でも番組後半の「新・3大」はあまり、見ないかな……
教授:君、何言ってるの? 「新・3大」が面白いんじゃないか。

えーー! 私は前半にはまっているのに、先生は後半?

筆者の知人の中には、この番組が好きという人がけっこう多いのですが、女性は圧倒的に前半の「お悩み相談」にはまり、男性は後半のマニアックな映像が並ぶ「新・3大○○調査会」にはまっている。

水曜の夜11時15分という放送時間にもかかわらず、10%以上の視聴率を獲得しているのは、「新・3大」目当ての男性は「前半はいらねーな」、「お悩み相談」目当ての女性は「後半、いらないわ」と思いながらも、結局、全部見てしまっているからではないでしょうか。そこには、普段あまりテレビを見ない男性エリート層と、深夜にあまりテレビを見ない女性層がかなりいるように感じます。

疲れた女性たちを癒す、マツコの”弱者愛”

主に女性がはまっている前半は、マツコ・デラックスさんと有吉弘行さんに、視聴者が日頃、腹立たしく思っていることについて、意見を求めるコーナー。マツコさんと有吉さんが「採用=腹が立ってごもっとも」「不採用=こんなことで怒るのはおかしい」「保留」を決めていきます。

筆者が特に前半のトークコーナーに好感を持っているのが、マツコさんが、毎回、お菓子を用意するアシスタントディレクターの女性(通称:お菓子ちゃん)にとても気を遣っているところです。お菓子ちゃんは、全国各地から珍しいお菓子を用意する係なのですが、マツコさんは、彼女の用意したお菓子をよく褒めるし、若者ネタなどでは彼女に話をふることもあります。

アシスタントディレクターは、番組制作スタッフのヒエラルキーの中ではいちばん下で、最も過酷な仕事をしている人たち。出演者によっては、プロデューサーにはぺこぺこするのに、こうしたアシスタントディレクターには横柄な態度をとる人もいます。そういう出演者は、あっという間に芸能界から消えていくのが定石です。番組は出演者だけで制作しているのではなく、スタッフ全員と出演者で制作しているからです。

次ページマツコは、世の中の仕組みがわかっている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。