やっぱり、ねこ・猫・ネコが好き!

源氏物語の猫から、日用品モチーフの猫まで

湯上り美人と猫

浴衣をはだけた女性の足元に子猫がじゃれついているのは、浮世絵師の勝川春英による『湯上り美人と猫図』。眉をそり落とし、お歯黒をしていることから、既婚女性とわかる。女性と猫はよくある取り合わせだが、

「立ち姿の美人と着物の裾にまとわりつく猫の組み合わせは、“見立女三宮図(みたておんなさんのみやず)”といわれ、源氏物語から題材がとられています」と平塚さん。

『湯上り美人と猫図』勝川春英(1762~1819年)江戸時代 紙本着彩 東京国立博物館Image:TMN Image Archives (前期に展示)

頭中将の息子の柏木が庭で蹴鞠(けまり)をしていると、猫が家の中から逃げ出してきて御簾(みす)がまくれ上がる。部屋にいた光源氏の妻、女三宮の姿があらわになり、それを目にした柏木は彼女のとりこになってしまう。そして女三宮は柏木の子を産む、というストーリーだ。

「この絵では、猫は御簾ではなく、浴衣の裾をめくり上げています。女三宮を町娘、遊女などに置き換えて、こうした見立図が数多く描かれました。江戸時代後半には源氏物語が庶民にも広まっていたので、絵を見ただけでお話を想像できた人も多かったようです」展示室には数点の肉筆の『見立女三宮図』がそろっている。

次ページ猫暖房で手がホカホカ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT