「宇宙刑事ギャバン」好きが高じてアートに

サブカル好きフランス人が紡ぐ冒険の物語

1930年代に建てられた洋館を美術館にした品川区の原美術館。その入口に巨大なオオカミが口を開けている。飲み込まれるようにして中に入ると、「ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢」展がスタートする。自分がゲームの中に入り込んだかのように、洋館の部屋を巡って物語を体験していく展覧会だ。

美術館の入り口には、大きな口を開けるオオカミが ©Nicolas Buffe

入口の紙芝居ビデオで物語の設定をつかんだら、各部屋へ歩を進めよう。

フランス人アーティストのニコラ・ビュフによるこの展覧会は、ヨーロッパの昔の物語を下敷きにしている。主人公のポリフィーロが、思いを寄せているポーリアを探して夢の中を旅するというストーリーだ。

ビュフは、「夢」「恋」「戦い」から成るこの古い物語と、「ゼルダの伝説」「ファイナルファンタジー」などの日本のゲームが似ていることに驚いたという。もともと私邸だった原美術館の空間を使って、ビュフ流の冒険物語が繰り広げられていく。

日本の特撮番組好きから、日本へ

ユニコーンの皮 ©Nicolas Buffe

ニコラ・ビュフは1978年パリ生まれ。子供の頃から「宇宙刑事ギャバン」をはじめ、日本やアメリカのマンガ、特撮もの、ゲームが好きだった。後になって「宇宙刑事ギャバン」が日本の特撮番組と知り、日本に興味を持ったという。

7年前に来日し、現在は東京を拠点に、東洋と西洋、そしてアニメ、ゲームなどのサブカルチャーとヨーロッパの伝統文化をミックスさせた作品を発表している。

次ページついに『ギャバン』のメーカーでよろいを…
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。