「宇宙刑事ギャバン」好きが高じてアートに

サブカル好きフランス人が紡ぐ冒険の物語

1930年代に建てられた洋館を美術館にした品川区の原美術館。その入口に巨大なオオカミが口を開けている。飲み込まれるようにして中に入ると、「ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢」展がスタートする。自分がゲームの中に入り込んだかのように、洋館の部屋を巡って物語を体験していく展覧会だ。

美術館の入り口には、大きな口を開けるオオカミが ©Nicolas Buffe

入口の紙芝居ビデオで物語の設定をつかんだら、各部屋へ歩を進めよう。

フランス人アーティストのニコラ・ビュフによるこの展覧会は、ヨーロッパの昔の物語を下敷きにしている。主人公のポリフィーロが、思いを寄せているポーリアを探して夢の中を旅するというストーリーだ。

ビュフは、「夢」「恋」「戦い」から成るこの古い物語と、「ゼルダの伝説」「ファイナルファンタジー」などの日本のゲームが似ていることに驚いたという。もともと私邸だった原美術館の空間を使って、ビュフ流の冒険物語が繰り広げられていく。

日本の特撮番組好きから、日本へ

ユニコーンの皮 ©Nicolas Buffe

ニコラ・ビュフは1978年パリ生まれ。子供の頃から「宇宙刑事ギャバン」をはじめ、日本やアメリカのマンガ、特撮もの、ゲームが好きだった。後になって「宇宙刑事ギャバン」が日本の特撮番組と知り、日本に興味を持ったという。

7年前に来日し、現在は東京を拠点に、東洋と西洋、そしてアニメ、ゲームなどのサブカルチャーとヨーロッパの伝統文化をミックスさせた作品を発表している。

次ページついに『ギャバン』のメーカーでよろいを…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT