京都の「お宝名画」を見に行ってみた!

画家たちの「すさまじいこだわり」を発見

9月13日、京都国立博物館に新たな展示館、「平成知新館」がオープンした。設計は、ニューヨーク近代美術館新館を手掛けた建築家の谷口吉生。11月16日まで開催中のオープン記念展「京へのいざない」では、京都国立博物館の誇るお宝が公開されている。そこから研究員おすすめの4点を見てみよう。

リアルに見せるテクニック

京都府の北部、日本海に臨む天橋立は、白砂の浜に松林が連なり、松島、厳島とともに日本三景に数えられている。室町時代の画僧雪舟(せっしゅう)は、晩年、この風景を『天橋立図』に描いた。横幅が170センチ近くある大作で、日本の水墨画の傑作とされる。

画像を拡大
国宝『天橋立図』雪舟筆 1幅 室町時代 16世紀 京都国立博物館蔵 10月13日まで展示

「リアルに見せるために、風景をそのまま写すのではなく、いろいろな変更を加えています」と、山本英男上席研究員は語る。

たとえば、町並みを長く引き延ばし、右手の山をぐんと高くして、山水画として納まりのいい構図にしている。さらに上空1000メートルという、ありえない視点から描かれている。実際には、この景色を俯瞰できる山はないのだ。

「雪舟は土地の人の案内であちこち歩いてスケッチし、それを組み合わせて想像して描いたのだと思います。これだけの絵を制作するには、かなり長く滞在したのでしょう」

当時の絵師は注文を受けて絵を描いたが、『天橋立図』の注文主はわかっていない。地元の有力者、雪舟のパトロンだった山口の大内氏、あるい大内家の家臣の益田氏という説もある。

実は『天橋立図』は、本当の作品を描く前の下絵だったという。

「よく見ると20枚ほどの紙が継ぎ合わされています。最近になって、シワのよった粗末な紙に描かれたことがわかりました。シワのあったところに墨だまりができているのです。しかも、建物を塗った朱色が乾き切らないうちに折りたたまれたらしく、反対側に朱が写っています。大きいから邪魔になって折ったのでしょう」

次ページ恐ろしいほどに細かい描写
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。