京都の「お宝名画」を見に行ってみた!

画家たちの「すさまじいこだわり」を発見

ぜいたくすぎる! やきものの釘隠

画像を拡大
重要文化財『色絵釘隠のうち』 伝野々村仁清作 江戸時代 17世紀 京都国立博物館蔵 「京のいざない」展終了後も12月23日まで展示

扇型の小さなやきものは、建物の釘の頭を隠す釘隠(くぎかくし)。降矢哲男研究員は、「実際に使われていたもので、裏に接着剤と見られる漆が付着していました。日本には見えにくいところにまで凝って、意匠を楽しむ文化があったのです」と語る。

小さいけれど手間のかけ方は半端ではない。素焼きしてから透明な釉薬をかけて本焼きし、その上に色絵具と金を焼きつけている。色絵具と金は同時に焼きつけられないので、最低4回は窯に入れているそうだ。赤、緑、金が鮮やかに残っている。

作者は京都の陶工、野々村仁清(ののむらにんせい)と伝えられている。

「日本でやきものに絵柄が入ったのは、桃山時代の志野茶碗が最初でした。絵付けをしたやきものを大成したひとりが野々村仁清です。桃山の文化が終わり、江戸の文化が本格的に始まっていく時期に、仁清や尾形乾山が活躍しました。中国のやきものを写す一方で、日本的な要素を入れ、少しずつ和様化していきました」

次ページ教科書で見た、頼朝像!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT