京都の「お宝名画」を見に行ってみた!

画家たちの「すさまじいこだわり」を発見

かの有名な頼朝像は……

画像を拡大
国宝『伝源頼朝像』1幅 鎌倉時代 13世紀 神護寺蔵 10月13日まで展示

これらのほか、日本史の教科書にも載った『伝源頼朝像』(10月13日まで展示。最近は頼朝ではないという説も出ている)、空海が唐から持ち帰った経文を収めた『宝相華迦陵頻伽蒔絵そく冊子箱』(10月19日まで展示)、長谷川等伯『枯木猿猴図』(龍泉庵蔵、10月15日~11月16日に展示)など、会期中に国宝約50点を含む、約400点が展示される。

10月7日から、同じ京都国立博物館で「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展も始まるので、秋の京都に足を延ばしてみたい。


平成知新館オープン記念展「京へのいざない」
2014年9月13日~11月16日
第1期 9月13日~10月13日
第2期 10月15日~11月16日
京都国立博物館
京都市東山区茶屋町527
TEL 075-525-2473(テレホンサービス)
9:30~17:00(10月7日からは18:00まで、10月10日以降の金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
月曜休み(10月13日、11月3日は開館し、10月14日、11月4日は休館)
大人520円、大学生260円、高校生以下・18歳未満・満70歳以上は無料
 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT