バーへは、ひとりで行こう―女性編

女だって、ひとりバー。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

「ひとりで行こう」シリーズ最終回の今回は、「女性編」です。

バーをはじめて10年半、本気で仕事をしている女性にこそ、サードプレイスとしてのバーが必要なのでは、とつくづく思います。

理由は…。

 

毎日、疲れますよね…。

常連さんのひとりに、精神科のお医者さまがいらっしゃいます。

主に子供の心の問題に取り組んでいらっしゃる方なのですが、子供の問題は親の問題でもあり、それはまた、男女の違いに起因することも多い、と、よく、カップルについての話題でカウンターが盛り上がります。

あるとき、その方(仮にT氏とします)に、質問をしたことがあります。

「日本では、結婚すると、男性は男性だけの社会、女性は女性だけの社会と、まったく別のグループに属して、両方の交わりがない気がするんですけど。なぜ男性は、結婚してからも、家には寝に帰るだけで、妻との会話がなくても満足できるんでしょうか」と。

T氏の答えは、とても明快でした。

次ページ男性はやっぱり「組織」の生き物?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT