バーへは、ひとりで行こう―女性編

女だって、ひとりバー。

こんにちは、矢田部です。東京、下北沢で「割らない酒」をコンセプトにしたバーをやっています。

「ひとりで行こう」シリーズ最終回の今回は、「女性編」です。

バーをはじめて10年半、本気で仕事をしている女性にこそ、サードプレイスとしてのバーが必要なのでは、とつくづく思います。

理由は…。

 

毎日、疲れますよね…。

常連さんのひとりに、精神科のお医者さまがいらっしゃいます。

主に子供の心の問題に取り組んでいらっしゃる方なのですが、子供の問題は親の問題でもあり、それはまた、男女の違いに起因することも多い、と、よく、カップルについての話題でカウンターが盛り上がります。

あるとき、その方(仮にT氏とします)に、質問をしたことがあります。

「日本では、結婚すると、男性は男性だけの社会、女性は女性だけの社会と、まったく別のグループに属して、両方の交わりがない気がするんですけど。なぜ男性は、結婚してからも、家には寝に帰るだけで、妻との会話がなくても満足できるんでしょうか」と。

T氏の答えは、とても明快でした。

次ページ男性はやっぱり「組織」の生き物?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT