努力は才能を凌駕する。AKB48と「和の心」

アイドル、あるいは努力している姿を常時見せる職業

「直接頑張る機会」を作ったことでAKBは成長した

それまでのアイドルは、テレビの中で歌って踊るしか、頑張る機会がありませんでした。しかしAKBは違います。ファンとの握手会や、常時開催される(建前の)秋葉原劇場ライブなど、頑張ってみせる場所を設定し、その過程を公開。しかも「総選挙」という名の人気投票で、その努力の結果を総決算してしまう。

私は、AKBがこれほどまでに成長することができたのには、この「すぐそこにいるファンに向かって直接頑張る機会」を作ったことが大きかったのではないかと思います。

2012年の総選挙で、人気メンバーの一人、松井玲奈さんは「私なんてみなさんが応援してくれなかったらただの地味な女の子」と発言していました。努力型だよ、というアピールです。

事実AKBでは、天才型のメンバーは意外と選挙で下位に甘んじたり、それどころかどんなにプロモーションされても人気が取れず、去っていったりします。

またAKB全体のリーダー役を務める高橋みなみさんは、もっと壮絶にこう言っていました。

「努力は必ず報われると、私の人生をもって証明します」

さすがにトップに立つ人たちはアイドルの本質と、伝統的な「和の心」をよく理解していると感じます。

ただ、実はこうした「努力するアイドル」は長らく日本社会に不在でした。1970年代、80年代と華やかだったアイドル界は90年代に入り停滞。不思議なことにこれは、社会全体では「頑張れば夢がかなう」というメッセージが浸透していった時期でもありました。

しかしなぜ、ここに来て頑張るアイドルが大復権したのでしょう。

もしかすると「どんなに頑張っても自分の生活は変わらない」と感じている人が増えたのでは?

もはや現実の世界に夢を持つことを諦め、頑張っている女の子を応援することにすべてを捧げる人たちが、大きな消費集団を形成しているのではないでしょうか。それはいいことなのか、普通のことなのか。きちんと向きあわねばならないと思います。

 

撮影:今井康一

【初出:2013.1.26「週刊東洋経済(65歳定年の衝撃)」

 

(担当者通信欄)

括弧の中のこの部分→(どうも女性は同性については“たたき上げ”を支持し、異性に対しては“持って生まれたもの”を評価する傾向があるようです)、ドキッとしました。同性の「持って生まれたもの」を心の奥深くでは痛いほど評価しているゆえに、持って生まれなかった自分を鼓舞したくて、つい努力型を応援してしまうのかもしれません。(笑)

さて、堀田純司先生の「夜明けの自宅警備日誌」の最新の記事は2013年1月28日(月)発売の「週刊東洋経済(特集は、日立に学べ!最大の危機こそ変革のチャンス)」で読めます!
【なぜ現代は、ゾンビルネッサンスなのか】
『ゾンビ襲来』、『ゾンビ経済学』、バイオハザードの新作など、ゾンビの話題に事欠かないこのごろ、なぜ「ゾンビ」は再び注目を集めているのでしょうか?

 

堀田先生の近刊紹介。中年の青春小説『オッサンフォー』(講談社、2012年)。詐欺師四人組が大阪を舞台に繰り広げる事件も、ぜひ本コラムとごいっしょに♪

 

大好評、堀田先生主宰の電子雑誌「AiR3」(2012年リリース)。漫画家、作家、研究者、ジャーナリスト…豪華執筆陣にも大注目です!  

 

実は哲学ってライトノベルで入門できます。たとえば、金髪はの子がデカルト。『僕とツンデレとハイデガー』(講談社、2011年)

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT