なぜ現代は、ゾンビルネッサンスなのか

こんな世界は一度崩壊してしまえ?

トラッドな吸血鬼やフランケンシュタインとは違う
ゾンビの内包する文明批評性

 
 

21世紀になって復活したもの。各分野にいろいろあるはずですがコンテンツの世界では意外なことに「ゾンビ」が復活しています。

1979年日米公開の映画『ゾンビ』でブームを起こしたゾンビですが、その後、停滞。しかしなぜか21世紀に入ってゲームの映画化やリメークなどのヒット作が相次ぎ、現在では毎年のようにオリジナルの話題作が公開。大いに活況を呈しています。

「ゾンビは、まさにゾンビのようによみがえった!」

そうするうちにアメリカの政治学者、ダニエル・ドレズナーが「もしゾンビ出現というグローバルな災害が発生したら、既存の政治理論はいかに対応するのか」を大まじめに問いかけた、『ゾンビ襲来』という書籍まで登場。日本では白水社から翻訳版が出て注目を集めています。

ドレズナーも言っていますが、確かにゾンビとは、吸血鬼やフランケンシュタインなどのトラッドな怪物とは違い、こうした企画が成立するだけの文明批評性を内包したキャラクターでした。

次ページたとえば、こんな「ゾンビ」あります
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。