なぜ現代は、ゾンビルネッサンスなのか

こんな世界は一度崩壊してしまえ?

トラッドな吸血鬼やフランケンシュタインとは違う
ゾンビの内包する文明批評性

 
 

21世紀になって復活したもの。各分野にいろいろあるはずですがコンテンツの世界では意外なことに「ゾンビ」が復活しています。

1979年日米公開の映画『ゾンビ』でブームを起こしたゾンビですが、その後、停滞。しかしなぜか21世紀に入ってゲームの映画化やリメークなどのヒット作が相次ぎ、現在では毎年のようにオリジナルの話題作が公開。大いに活況を呈しています。

「ゾンビは、まさにゾンビのようによみがえった!」

そうするうちにアメリカの政治学者、ダニエル・ドレズナーが「もしゾンビ出現というグローバルな災害が発生したら、既存の政治理論はいかに対応するのか」を大まじめに問いかけた、『ゾンビ襲来』という書籍まで登場。日本では白水社から翻訳版が出て注目を集めています。

ドレズナーも言っていますが、確かにゾンビとは、吸血鬼やフランケンシュタインなどのトラッドな怪物とは違い、こうした企画が成立するだけの文明批評性を内包したキャラクターでした。

次ページたとえば、こんな「ゾンビ」あります
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。