なぜ現代は、ゾンビルネッサンスなのか

こんな世界は一度崩壊してしまえ?

トラッドな吸血鬼やフランケンシュタインとは違う
ゾンビの内包する文明批評性

 
 

21世紀になって復活したもの。各分野にいろいろあるはずですがコンテンツの世界では意外なことに「ゾンビ」が復活しています。

1979年日米公開の映画『ゾンビ』でブームを起こしたゾンビですが、その後、停滞。しかしなぜか21世紀に入ってゲームの映画化やリメークなどのヒット作が相次ぎ、現在では毎年のようにオリジナルの話題作が公開。大いに活況を呈しています。

「ゾンビは、まさにゾンビのようによみがえった!」

そうするうちにアメリカの政治学者、ダニエル・ドレズナーが「もしゾンビ出現というグローバルな災害が発生したら、既存の政治理論はいかに対応するのか」を大まじめに問いかけた、『ゾンビ襲来』という書籍まで登場。日本では白水社から翻訳版が出て注目を集めています。

ドレズナーも言っていますが、確かにゾンビとは、吸血鬼やフランケンシュタインなどのトラッドな怪物とは違い、こうした企画が成立するだけの文明批評性を内包したキャラクターでした。

次ページたとえば、こんな「ゾンビ」あります
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT