仕事は一本に絞らずに奔放に生きたい

麻雀講師&ネイリスト女性の生き方

健康麻雀という言葉を初めて聞いた。昔ながらの雀荘は減りつつある現状で、「賭けない・飲まない・吸わない」を原則として心身の健康促進のためにゲームとしての麻雀を楽しむ人が増えているらしい。しかも愛好者は幼稚園児から老人までと幅広い。知らなかった……。

東京ではひとつの会場で100名もの参加希望者が集まることがあり、麻雀卓が足りず、時間帯を区切って3回転するほどの盛況だという。当然、主催して指導する人も必要だ。組織化して全国に普及しているNPO法人などもある。隠れたニーズを掘り起こせば仕事が生まれるのだ。

2012年3月に東京から愛知にUターンした石原愛さん(37歳)も健康麻雀に可能性を感じた一人。現在は岩倉市介護福祉課の依頼で高齢者向けに健康麻雀を教えつつ、将来は愛知県内で「教室」を展開しようと考えている。

健康麻雀事業の前に、東京の企業で14年間も働いていた石原さんが退職した経緯を聞きたい。

石原さんと出会ったのは10年ほど前。僕たちは、吉祥寺の「bar drop」というクラブで開かれるイギリスのロック音楽で盛り上がるイベントの常連客だった。その頃の石原さんは長髪が似合う美人だった記憶がある。

ヒビノ(業務用の音響機器販売大手)の営業担当として働いていたはずの石原さんが「愛知に帰って健康麻雀をやる。母が経営している結婚相談所も継ぐかも」と話したときには驚いた。音楽と麻雀、音楽と結婚相談所。つながりがまったくわからない。JR東海道線の岡崎駅前の居酒屋に入り、飲みながら話を聞くことにした。

「写真は苦手なんだよね」と顔をしかめる石原さん。ハイボールが似合います。
次ページ麻雀との出会いはスーパーファミコン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT