愛知県人は”露骨”な広告がお好き?

少子化時代に塾で勝負する

インド人プログラマーの躍進に敗北感と危機感を覚えて、大手IT企業から個別指導塾の経営者に転身した男性がいる。名古屋市天白区の松下誠司さん(39歳)だ。

名古屋大学では数学科を専攻し、大学院ではバーチャルリアリティの研究をしていた松下さん。学生時代から「コンピュータいじり」が好きだった。就職先のNECソフトウェア中部では、大型コンピュータを監視するソフトの開発に従事。しかし、入社2年目に早くも「インド人の脅威」を感じ始める。

「協力会社に所属するインド人プログラマーたちと一緒に働く部署でした。文系出身者の多い日本人のプログラマーと比べて、数学・物理ができる人が多いことにまず驚きましたね。新しい付加価値を生み出すようなプログラミングには、数学や物理の知識を駆使することが不可欠です。彼らはそれを日本人の3分の1の給料でパパッと作ってしまう。しかも英語は堪能だし、中流階級以上の人たちなので礼儀正しさも備わっている。欧米の大学で勉強してきた人もいます。『絶対に勝てないな』と肌で感じました」

松下さん自身は大学院まで理系で学び、知識面ではインド人のシステムエンジニアに引けを取らない。しかし、相手の給料は3分の1だ。開発者として3倍の付加価値を提供する自信はなかった。より上流工程で日本人顧客に接してニーズに応じたサービスを提案する立場に移るべく転職を決める。入社4年後のことだった。

勤務時間は月~土曜日の14時~23時ぐらいまで。家族で過ごす時間は会社員時代より増えた。

転職先はトヨタテクノサービス(現・トヨタテクニカルディベロップメント)。当初は思い描いた仕事ができていたが、グループの合併・再編によって、車のエンジン制御のプログラム開発などが仕事の大半になった。仕事にするほど車好きになれない松下さんは、35歳ごろには独立を考えるようになる。そして、37歳で会社を辞めた。

次ページやっぱりインド人には勝てない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT