山本監督の「行けたら行け」はなぜ問題か?

バス会社における「行けたら行け」を考える

戦略コンサルタントを経て、現在、会津のバス会社の再建を手掛ける著者が、企業再生のリアルな日常を描く。「バス会社の収益構造」といった堅い話から、 「どのようにドライバーのやる気をかき立てるのか?」といった泥臭い話まで、論理と感情を織り交ぜたストーリーを描いていく。
WBC3連覇を逃したことで、山本浩二監督は激しい非難にさらされた(写真:AP/アフロ)

ダメなマネジメントへの暗喩

痛恨のWBC(ワールドベースボールクラシック)での敗戦からおよそ1カ月が経ちました。日本のナショナルチームのV3が途絶えたこともさることながら、それ以上に山本浩二監督の、件の指示が話題を呼びました。

例の「行けたら行け」です。

そしてその指示の功罪(というより多くは否定的なニュアンスですが)をめぐる議論は、しばらくの間大いに盛り上がり、そしてあっという間に消費され、今はもう旧聞の域に属しています。

私の身の回りでもしばらくの間、局所的にはやりまして「行けたら行け(苦笑)」という感じで、そこはかとなくダメなマネジメントへの暗喩として使われたりもしていました。

そしてそんな一時的なブームも一服して思うのは、「行けたら行け」というのは考えてみると、マネジメントにおいて、それなりに示唆のあるテーマであるということです。

タイムリーなテーマを周回遅れで書くというのはとても気恥ずかしいのですが、今回はこんなWBCの迷言をマネジメントに置き換えて、経営における「行けたら行け」の功罪を考えていきたいと思います。

次ページ震災時の政府とバス会社のやりとり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT