守護神・牧田は、球速130kmでなぜ勝てる

強靱なメンタルと巧妙なテクニック

WBC日本代表の守護神を務める、牧田和久。大会3連覇のカギを握る選手だ(写真:AP/アフロ)

高校時代にアンダースローへ転向

野球がかくも日本人を魅了する理由の1つは、勝負の決着をつける過程にマインドゲームの優劣が色濃く反映されるからだろう。

特に投手対打者の駆け引きは興味深い。18.44mの距離で対峙し、互いが次の一手を探り合う。球種は何か。どこのコースで勝負してくるのか。初球でインコースを突いてきたボールは、2球後の伏線かもしれない……。相手の心の内を読めれば、投手、打者ともに結果を残す確率は高くなる。

マインドゲームの野球で、勝利への近道は相手より心理的に優位に立つことだ。この点で、2010年ドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団し、現在開催中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表として戦う牧田和久は特に優れている。

26歳のときに社会人の日本通運からプロ入りした牧田が、まず注目されたのはアンダースローという投げ方だった。もともと上手投げだった牧田が下から投げるようになったのは、静清工業高校1年時の秋。

当時の野球部長にアドバイスを受け、試してみるとコントロールよく投げられた。同学年に球速140kmを投げる投手がいた一方、当時の牧田の球速は約130km。「スピードよりも希少価値の高いアンダースローに活路を求めた」ことが転向の理由だった(webサイト『SPORTS COMMUNICATIONS』より)。

どうすれば、ライバルに勝つことができるか。特に速いボールを投げられるわけではない牧田は、相手との力関係の中で上回ることを高校時から考えていた。野球という相手と競うスポーツにおいて、その思考法は後に大きな武器となっていく。

次ページルーキー時代から、威風堂々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT