守護神・牧田は、球速130kmでなぜ勝てる

強靱なメンタルと巧妙なテクニック

驚かされたのは、西武に入団したばかりの頃だ。他のルーキーと異なり、牧田はマスコミへの受け答えが実に威風堂々としていた。27歳という年齢もあるのだろう。並の新人でないことはすぐにマウンド上で明らかになる。

2011年3月10日、公式戦が開幕する前に行われた教育リーグの巨人戦。黄金ルーキーと注目を浴びた大石達也の後を受けて6回からマウンドに上がった牧田は、4イニングで6つの三振を奪ってみせた。

そのコメントが実に憎らしい。

「自分は三振を取るピッチャーじゃありません。打ち取ることを心掛けた結果、三振につながりました」

目に見える結果より、過程が大事。そう言った牧田は自身の投手哲学をこう明かした。

「抑えようというより、バッターをもてあそんでやろうと考えています。緩急でわからなくさせるような、嫌なピッチャーを目標にしています。(投球テンポの速さを嫌った相手打者に)タイムを取られたのは、自分のペースだな、と」

戦う前から優位に立つ方法

牧田は一般的な投手より、投球間隔がかなり短い。相手のリズムを崩し、自分がペースを握るために意図的に行っていることでもある。この試合で巨人のある打者が、牧田の投球テンポを嫌がり、タイムで打席を外した場面があった。

このようなケースで、投球テンポを乱されたことに嫌な態度を示す投手がいる。誰しも、自らのペースを乱されるのは好まないはずだ。しかし、その事象をどうとらえるか。相手が自分のリズムを嫌がっていると考えれば、心理的に優位に立てる。それが、勝負するうえで余裕を生む。牧田はそう考えることで、戦う前から優位に立っている。

2012年5月1日の楽天戦で、相手はスタメンに8人の左打者を並べてきた(両打ちの松井稼頭央を含む)。一般的に右投げのアンダースローを攻略するには、左打者がカギを握るといわれる。右打者より左打者のほうが、相手投手の球の出どころが見やすいからだ。

次ページ山崎を激怒させたテクニック
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。